FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くすぐりSMプレイ…生意気な彼女をくすぐり調教

これは、くすぐり愛好会のくすぐり愛好家によるストーリープレイである。

俺とヒカルは実は付き合っている。
俺と彼女の性欲を満たすべく、しばしばとある廃病院の地下室を利用しているのだ。
俺はヒカルを広めのバスタブの中で両手両足を大の字になるようにピンと伸ばすように、すっぽんぽんで拘束する。
ヒカルが拘束されているのはバスタブの底ではなく、体と底にはかなりの空間があり、大の字で水平に浮いているような状態だ。
さらに俺は全身がボディーソープでヌルヌルになるように、彼女にぶっかけていく。
ちんこが勃ちそうなのを必死で我慢し彼女に近づいた。
生意気な彼女のくすぐり調教が始まる。

秀樹「ぐふふふ、ずいぶん無防備な格好だな。」
ヒカル「…笑ってないでさっさと助けなさいよ!ダメ男!」
秀樹「偉い強気じゃん。いいの?俺にそんな口聞いて。」
ヒカル「う、うるさいわね!いいから助けなさいよバカ!」
秀樹「ふーん、そういう態度とるわけだ。じゃあ俺が何をしても、文句はないな。」

バスタブの天井に取り付けられたでかい鏡を指差して、俺は呟く。

秀樹「ほら、自分の置かれてる状況、もう一度よく考えろよ?あそこには、自分の情けない姿が嫌でも写されるんだから。」
ヒカル「う…わ、私は何をされても屈しないんだから!」

それにしても、我が彼女ながら小柄なのにスタイルいいなぁ…何でこんなにウエストがくびれてるんだろう。
とりあえず、脇腹の辺りをいじめてみることにする。

ヒカル「っひ!っひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ちょ!やめへへへへへへへへへへ!!」

脇腹をグニグニと揉み、爪でコチョコチョしたり、ツンツンつっついたりすると、面白いほどに腰を左右にクネクネとくねらせる。
さすがフラダンスの講師、くねりかたがエロすぎる。
あばらをコリコリ、脇の下をコチョコチョとくすぐると、くすぐったいのか体を必死でねじろうとするのだが、その際デカイおっパイがブルンブルンと震えるのがまたソソる。
おっパイの脇の下よりの横乳をくすぐってみた。

ヒカル「きゃああっはっはっはっはっはっはぁー!!や、やめてぇぇええっへへへへへへへへ!いやぁっはっはっはっはっはっはっはー!!!」
秀樹「おいおい、やめてっていいながら乳首勃起してるじゃん。おっパイも揺れまくってるしwこんなはしたない女だったとは思わなかったよw」
ヒカル「ひいぃっひっひっひっひっひっひっひっひ!!やらぁあっはっはっはっは!!見ないでぇええへへへへへへ!」

くっくっく、こんなもの見ないでと言われて見ない男はいない。
俺はおっパイの下乳や横乳、乳首などを丁寧にじっくりコチョコチョくすぐった。
その度におっパイがプルプルと揺れるのだから、興奮しないわけがない。俺は夢中になってくすぐり続けた。

秀樹「おっパイもちゃんとコチョコチョしてやるから安心していいよw」
ヒカル「ひぎゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!おっパイはやべでえぇぇえっへへへへへへへ!!おっパイゆるじでえええっはっはっはっはっはぁー!!!」

足の裏、確か異常に弱かったな、コイツ。
俺は足の裏の土踏まずをがりがりとくすぐると、彼女は激しく体をよじり、上下左右に腰を振り乱し、おっぱいも激しく揺れている。
逃げようと暴れ拘束具がガチャガチャと音をたてるが、手足は可哀想なほどピンと伸びたまま…たまらん…やべーちんこ勃ってきた。

10分経過

ヒカル「ぎゃあああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!げほぉっほあっはっはっはっはっはっはっは!!いぃぃいぃい漏れるぅうおじっごぼれぢゃうぅっかっかぁかっかっかっかぁー!!」
秀樹「ほぉー、大の大人がおもらしなんてしたらもう人間失格じゃん。もし漏らしたら只じゃ済まないからww」

20分経過

ヒカル「ふがぁっかっかっかっかっかっかっかっかっかっかっかっか!!だずげれぇえぇえっへへへへへへへ!!ぼうやべでぇええええっへっへへへへ!!!」

ヒカルは涙を流してやめてというが、乳首がビンビンになっているところを見ると、やはりやってほしいんだろう。

ブシャァッー…じょろろろろろろ

ついに漏らしやがった。
これにはキツイお仕置きをしてやるべき。

ヒカル「いやあああああっはっはっはっはっはっは!!みないでぇえぇえ!お願いみらいでぇぇえぇえっへっへっへっへっへっへぇー!!」
秀樹「あーあ、漏らしやがって。これにはキツイお仕置きが必要だなぁw」

俺はメインディッシュのおマンコとお尻に目をやり、お尻とおまんこの割れ目の部分をコチョコチョする。
するとヒカルは狂ったように泣き叫び、腰を前後にブンブンと振り回す。
お尻をなぞればおマンコを突き出し、おマンコをなぞればお尻を突き出してくれるのだからやめられない。
これほど屈辱的なことをされて乳首勃ててるようじゃ、お仕置きが全然足りてないってことだ。
俺は限界までヒカルの腰をクネクネさせたあと、お尻とおマンコをいっぺんににコチョコチョする。

秀樹「くくく、反省したならおしっこ漏らしてごめんなさい、って言えよw」
ヒカル「かぁーっはっはっはっはっはっはっはっは!!ごべんなざいっ!おじっごもらじでごべんなざいぃひひひひひひひひひー!!!」
秀樹「笑いながら謝るってことは反省してないな?俺がミッチリしつけてやるから覚悟しろよw」
ヒカル「ぎゃあぁあああっはっはっはっはっはっはっは!!ぼうやべでぐださいぃっひひひひひひひ!!ぼおゆるじでぇぇえっははははははははは!!!」

俺はこのあともおマンコをコチョコチョしながら脇腹をコチョコチョしたり、おっパイをくすぐりながらあばらをコリコリしたりバリエーションを加えながら徹底的にいじめ抜き、気が済むまでくすぐり続けた。
バスタブの真上の天井の鏡はヒカル自身を正直に写していた。
くすぐられて情けなく笑い狂う屈辱的な姿を見せられ、彼女はきっと火が出るほどに恥ずかしいんだろう。
彼女は結局、失神するまでくすぐられ続けたのだった。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーねっと

Author:くーねっと
くすぐり小説を取り扱ってます~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4669位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
504位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。