FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合宿中、いじめっこに死ぬほどくすぐられる…くすぐりリンチ

これは、くすぐり愛好家たちのストーリープレイである。

私と先輩の京子、舞、由美はとあるサークルの合宿に参加することになりました。
私はその3人と性格の不一致から、お互いをよく思っていません。
正義感の強い私、しかも後輩…普段悪びれた彼女たちにとって私はきっと鬱陶しかったのだと思います。
私がくすぐりが苦手だと言うことを知ったときは、目の色を変えてくすぐり虐めをするほどでしたし。
それでも、表面上は仲良くしていたのですが、ついこの間の合宿で…壮絶なくすぐりリンチに会ってしまったのです。
団体での活動が終わり、私たちはそれぞれの部屋での自由時間を寝そべってのんびり過ごしていました。
私の部屋の人たちは、私以外コンビニへ向かうと部屋を出ていってしまいます。
田舎のため、かなり歩かないとコンビニがないのです…往復一時間程度ですね。
…私はウトウトとし始めました…。

瑠璃「……?」

私は目を覚ますと、体が動かないことに気づきます。
パイプベッドにX字に縛られ…何故かパンティ1枚の恥ずかしい姿にされています。
ここはどうやら宿敵の由美さんたちの部屋のようです。

由美「ふん、無様で良い格好じゃないwあ、お前の部屋のやつらにはウチらの部屋に遊びに来てるっていってあるから、ずっとこの部屋に入れるぞ、良かったなw」
瑠璃「あなたの仕業ですね…そんなことより、どうしてパンティ1枚にするんですか?」
由美「だってブラしたって隠すもんないじゃん。」
瑠璃「確かに…そうですけど、そう言う意味じゃなくて、何で服脱がしたんですか?」
由美「いやー、だってその方がくすぐりやすいし。」
瑠璃「くすぐり!?…い、いや…それはちょっと。」

今まで何度もくすぐられてきましたが、縛られて抵抗出来ない状態でやられたことはありません。
私は一気に不安になりましたが、悟られないように気丈に振る舞うよう努めました。

由美「拒否権なんてないわwお前後輩のクセに生意気なんだよ、いい子ぶりやがって……ツンッ」
瑠璃「ぎゃひぃ~ひひひひひ!!ひぃーーーー!!」
由美「これからは、私に逆らうなよ。逆らったら…くすぐりリンチだからな。」
瑠璃「わ、私は…あなたみたいな人の言いなりにはなりません…。」
由美「いつまでその態度が続くことやら…ホントに限界になったて服従する気になったら、すとっぷって言えばやめてやるよ。」

私は脇の下を人差し指でつっつかれ、甲高い悲鳴に似た笑い声をあげます…もはや私には選択の余地はありませんでした。
由美さんは、全身をくまなくこちょこちょくすぐり始めます。

由美「うーん、るりちゃんは生意気な態度のクセにカワイイ反応するなぁwほれほれ、こちょこちょこちょこちょ~ww」

犬を可愛がるように首筋をなでなでこちょこちょします。

瑠璃「ふうっ…ふふふふふ、や、やめてくだああぁぁあっかっかっかっかっかっかっかっかぁ!!す、すとっぷすとっぷぅ!!」

首筋からいきなり喉仏をコリコリしてきましたので予想以上に反応してしまいました、私は首周りの中でも喉仏が弱いのです。
すとっぷしました。
…足の裏攻撃、基本的に下半身はくすぐったいというより気持ちが良い…耐えられます。
暫くさわさわと足の裏、ひざ、太ももなどをまさぐり場所はお尻に到達。
ここは以外とヤバかったです。

由美「ほれほれっ!ここはどうじゃ!こちょこちょこちょ~!」
瑠璃「あっひゃっひゃっひゃっひゃ!!ちょお!きついですぅっはっはっはっはっは!わああああ!!」
由美「ふふふふ、お尻をフリフリさせちゃってぇ。情けないなぁ、こちょこちょこちょこちょこちょ~」

お尻の割れ目を指でなぞられたところで激しく悶絶しました。
予想以上にくすぐったく、あえなくすとっぷ…いいように扱われる屈辱を噛み締めます。
脇腹やおなか、腰や肋骨の辺りをツンツンされる度に電気が走ったような感覚を覚える、我慢しようとしても勝手に体が魚の様に跳ねてしまいました。

由美「何そのぴちぴちした反応、喜んでんの?相変わらず変態だなぁお前、貧乳だしww」
瑠璃「くっくっ!きゃぅふふふふふふ!!ち、違います!私は貧乳ですが、変態ぃやっはっはっはっはっはっはっはっはぁ!!!」

由美さんは突然脇の下の窪みに指を滑らせます。
私はここだけはどうしても耐えられないのです…思わず目を見開き、大口開けて必死にくすぐったさをアピールするかのように笑い狂いました。

由美「うわっ、ブサイクな顔になっちゃったよ、幻滅だわ~!wほら、ブサイクついでにもっと笑えよド変態、こちょこちょこちょこちょこちょこちょ~」
瑠璃「きゃああっはっはっはっはっはっは!!そこはだめっ!そこはっはっはっはっはっはっはー!!」
由美「へぇ~、るりちゃんは脇の下が弱いんだな、じゃあここの窪みを徹底的にいじめてやるよww」

由美さんはそういうと、少しの間脇の下のツボを探し、探し終えると唐突に親指をたててグリグリと揉み始めました。
もう本当にくすぐったくて、目や口だけでなく思わず鼻の穴までもの凄く広がり、腰や首、髪の毛をブンブン振り乱しながら笑い狂いました。
大嫌いな女に強制的に笑かされ、悔しながらもバカ笑いせざるをえません。

由美「お、効いてるねぇww大口開けてゲラゲラ笑うどころか鼻の穴までそんなに広がっちゃって、恥ずかしくないの?(笑)乳もなけりゃ品もないとは、女として終わったな、ド変態(笑)」
瑠璃「いやぁぁぁぁぁあっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やめでぇぇえぇえっへっへっへっへっへ!ごめんなさいっ!もう無理ですぅぅっはっはっはっはっはっは!!ふぅっふがぁあ!????」

突然広がりきった鼻の穴に異物が入り込んできました…指?誰の?

舞「やっほー!こんにちは、るーりーちゃ~んっww」
京子「先程からこの部屋にお邪魔してたわ、気づきませんでした?」

私は思い出していました。この女性たちの残虐性を。
嫌だ…こんな性格の悪い大嫌いな女たちに良い様にされたくありません。
私は辱しめ受けたくない一心で、すとっぷ
します。

瑠璃「はぁ、はぁ…す、すとっぷです!…もう本当にやめてくださいぃ!?っひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!?」
由美「は?これからが面白くなるんじゃん(笑)くすぐり大好きな、るりちゃんのために今からくすぐりリンチしてやるよ。ほら、これが好きなんだろ?脇の下をコチョコチョくすぐられるのが大好きですってハッキリ言えよドM女ww」
京子「見てたわよ、るりちゃん。お尻が弱いなんてカワイイ、嫉妬しちゃいますわ~wお仕置きにお尻を揉むついでに割れ目を徹底的にこちょこちょして差しあげますっ!ここってなぞられると穴がヒクヒクしちゃうほどくすぐったいんですよねぇw」
舞「るりちゃんが弱いのは脇の窪みとお尻と、喉の辺りだっけ!同時に激しくこちょこちょくすぐられたらどうなっちゃうんだろうねww喉ら辺が弱い人ならわかると思うんだけど、喉仏ってくすぐられると凄い苦しいんだよ?、ってか、笑いにくい?て言うのかなぁw」

彼女たちは嬉しそうに私を容赦なくコチョコチョくすぐりリンチにかけ、私は発狂せんとばかりにゲラゲラ笑い始めました。
私はバレてしまった弱点を的確に激しくコチョコチョする彼女たちに何とかやめてもらうよう必死で懇願する以外道はありません。

20分後

瑠璃「ぎゃあああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!やべでくだざいぃっ!ひぃぃいんっ、ひゃべでえぇええっへっへあ!?っかっかっかっかっかっかぁー!!」
京子「やめてっていいながら乳首勃起してますわよ(笑)ほんとはくすぐりに弱~い所をコチョコチョくすぐられるのが気持ちよくて仕方ないのね、ド変態。」

京子はパンティをずらし、私をすっぽんぽんにしてしまいます。
彼女たちは勃起した乳首と濡れたおマンコをみて満足気にニヤニヤと笑っていて、私は泣きながら許しを乞いました。

由美「おいおい、下は濡れるわ乳首勃つわ、お前マジのド変態じゃんwほら、大好きな脇の下コチョコチョだけじゃ物足りないだろうから勃起した乳首つねってやるよw」
舞「うふっ、るりちゃんずっとお鼻広がってるよ、塞いであげるねっw当然喉はコチョコチョの刑だよっ!ww」
瑠璃「きぃぃいぃぃいーっひゃっひゃっひゃっひゃあ!!やべでぇぇお願いじまずぅっくくくくっくっく!ふがあぁぁあぁあっかっかっかっかっかっかっかあああ!!だずげれぇぇえっけっけっけ!かぁーっはっはっはっはっはっはっはっはぁ!!!」

私とっては最早パンティなんてどうでもよかったです、客観的に見れば本当に恥ずかしい、目を覆いたくなる光景ですが。
いつの間にやら一子まとわぬ姿になっており、四肢を拘束されている為大事なおっパイやおマンコを隠すことができない、さらに到底耐えることのできないこちょこちょ拷問を受け、おかげで忌み嫌っている人間にブサイクな顔を晒しながら首や腰をクネクネ振り回している。
こんなに情けない姿を誰かに見られでもしたら、普通の女の子なら恥ずかしさのあまり寝込んでしまうでしょう。
私は悪ぶった鬼畜女たちからの執拗なくすぐりリンチに無様に笑い狂う屈辱にまみれながら、悲しい程乳首をビンビンに勃起させおまんこを濡らしているのです。

40分後

京子「ふぅ~、さてと…」

京子が足の拘束を解き始める。私は朦朧とする意識の中でかすかにそれを理解し、安堵の表情を浮かべます。

由美「…じゃあ仕上げに入るとしますか!」
瑠璃「…へ…?」
舞「おお、るりちゃんにもやっちゃうんだ!うふふ、案外病み付きになっちゃうかもねぇ~w」

京子は両足を掴み、片足をおマンコに押し当てる。
由美は私の体の上に寝そべり、最大の弱点である脇の下の窪みに親指を押し当て、たまに残りの指でツンツンと脇の下をつっつき、ニヤニヤしながら見下ろしています。
そして舞は、なんと私の顔に跨がり、鼻と口、目までも塞ぎ、喉仏をさわ…さわ…と指先で優しく撫で回すのです。

瑠璃「んぐっ…ううぅぅぅ」
舞「あれ?泣いてるの?ごめんねぇ、今から徹底的にコチョコチョくすぐって、お腹の底から笑わせてあげるからw」
京子「クスクス、こちょこちょリンチから逃げたいなら逃げてもいいのよ、逃げられればの話ですけど(笑)」
由美「くくく、もう一生笑わなくても良いくらい笑わせてやるよ。2度と反抗する気が起きないように、くすぐりリンチの真髄を見せてやるわw」

せぇーのっ!
こちょこちょこちょこちょこちょこちょ
コチョコチョコチョコチョコチョコチョ
スドドドドドドドドドドドドドドドド

瑠璃「うごおおおおおおああああっぶっぶっぶっぶぅぅぅ!!!ぶううううううあああああああああ!!」
舞「うっあ…ふふふ、本当にくすぐったいんだねwお尻に必死さが無駄に伝わってくるよ(笑)」
由美「ぎゃっはっは!電気あんまに脇の下コチョコチョなんてくすぐり奴隷のクセに贅沢じゃん!おらおら、もっと腰振れよ、揺れるおっぱいないんだからw」
舞「ホントだぁwおっパイちっちゃいね!おっさん見たいにゲラゲラ笑っておっパイなくてド変態なんて、るりちゃんって本当にダメな女だねwwほら、おっパイ小さくてごめんなさい、は?」
瑠璃「ぶふおぉぉおっほっほっほっほっほっほっほっほ!!ぉごおおおおあっ!ぶふうふっふっふっふっふ!!」
舞「へえ~、謝る気ないんだぁ、貧乳ドM変態女の割に生意気~、じゃあコチョコチョの刑だねっ!(笑)」

私は股関への甘ったるい、狂おしい刺激と脇の下、首からの壮絶なくすぐったさに気が狂いそうになりました。

京子「ちょっと、私たちは彼女の必死さをお尻で感じられないんだから、必死な顔見せなさいよ!」
舞「ああ!このままだと窒息死しちゃうからね、定期的にお尻どけなきゃ!」
由美「バーカ!息なんて吸えると思うなよ?脇の下コチョコチョで笑い死ねwほーらほーら、コチョコチョコチョコチョ~」
瑠璃「ぶぶぶふっ!!っひゃああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あがあぁあああっかっかっかっかっかっかっかあー!!あぶうぶぶうぶっぶっぶっぶぅぅ!!」
京子「きゃっはっはっはっは!!なぁに今の顔!必死すぎて、るりちゃんの面影ないですわね(笑)最高ですわ…限界までくすぐられて笑い苦しむ人の顔wwやっぱり敏感な女の子をいじめるならこちょこちょリンチに決まりよね。」
舞「んーっ、やっぱりブッサイクなるりちゃんの顔見ながらコチョコチョリンチしたほうが楽しいよねw降りよっと!るりちゃーん、喉をくすぐりやすくするためにブサイクなお顔を太ももで挟んで固定してあげるから上向いてねーっ!あっ、喉仏ちょっと出てきた、コリコリコチョコチョコチョ~ww」

私は強制的に死ぬほど笑かされ、無意識に体はクネクネとのたうち回りました。
汗でテカテカになった紅潮する腰をクネクネする度に丸いおへそはウニュウニュと形を変え、おなかの肉はピクピク痙攣し、何とも滑稽で妖艶な踊りのように嗜虐心を昂らせてしまいます。

由美「じゃあ貧乳でごめんなさい、くすぐり奴隷になりますので許してくださいって言ってみろ」
瑠璃「ひぃぃぃっひっひっひっひっひ!!ひ、ひんりゅうれごべんなざいぃぃっはっはっはっはっは!くしゅぐり奴隷になりばずがらぁぁっかっかっかっかっかっかっかああー!!ゆるじでっへっへっへっ、ゆるじでぐらざひぃぃっはっはっはっはっはぁあ!!」
由美「何言ってんのかわかんないから死ぬまでくすぐり拷問なww」
京子「くすっ、かわいそうかわいそう、こんなくすぐり地獄にハマるなんて思ってなかったでしょうに(笑)」
瑠璃「ああぁぁあーっかっかっかっかっかっかっかぁー!ひいっ!??いゃああああだめえっへっへっへっへぇ!!で、出ちゃうぅっふっふっふっふっふぅぅ!ぼうゆるじてぐだざいぃぃいっ!おでがぃぃいっひっひぃ!あがあぁっかっかっかっかっかっかっかあああ!!」
京子「あらっ?!そろそろ来そうねっ!良いわよぉ出しちゃいなさいって!」
舞「ほぉらほぉら私がいっぱいコチョコチョくちゅぐりまちゅからねぇ~っ!いっぱいだしまちょうねー!こちょこちょこちょこちょ~」
由美「おらおら、もしイッたら脇の下コチョコチョリンチにしてやるから出せよ雌豚wwコチョコチョコチョコチョ~」
瑠璃「あぁあっかっかっかっかっか!かひゃあひゃひゃひゃひゃひゃ!お願いだすげでぇ!ぼうやべでえぇえええっへっへっへ!!ううあっ!?あっ!ああああああああああああああああああ!!」

プシュッ………ジョロロロロロロロロ…

白目を剥き涙をポロポロこぼし、口を閉じることも出来ずにヨダレを垂れ流し、鼻の穴がブサイクに広がり鼻水を撒き散らし、新鮮な魚のようにぴちぴち跳ね腰をくねらせ愛液をしたたらせる…足で股関を刺激され、絶え間なくこちょこちょくすぐられ続けた。
その結果、見たこともないような勢いで、姿でおしっこを漏らしてしまいました。

50分後

京子「どーお?気持ちよかった?こちょこちょ…こちょこちょぉ…」
瑠璃「あ、あ、……あうぅ。っ…くっくっくっくっく、もお、もお許じで…くすぐららいれぇ…」
由美「コチョコチョコチョ…さっき言ったよなぁ、漏らしたらコチョコチョリンチだって(笑)」

おそらく私の顔には絶望が浮かんでいたのでしょう…由美が脇の下を、舞は喉仏を、京子は元に戻ってお尻の穴を、さわさわと焦らしながらいじめる。京子はさらに、お尻の割れ目だけでなく、おマンコの割れ目もなぞってゆく鬼畜な彼女たちの顔は恍惚な表情を浮かべています。

瑠璃「……いつまでやるのよぉ…お、お願い…もう…も、もおぉぉおおおぉっほぇあっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁあああああーーーー!!もういやぁあぁあっかっかっかっかっかっかっか!あああっひゃひゃひゃひゃひゃひゃぁぁ!!」
由美「くくく、今度はもうやめてあげないからなw大好きな脇の下だよぉー、ほら、親指でくすぐったいツボをグリグリコチョコチョしてあげるから笑え笑えっwこちょこちょこちょこちょ~」
舞「ほら、泣いたらコチョコチョ地獄でちゅよぉ、ほぉらほら、笑って笑ってぇw コチョコチョコチョコチョ~」
京子「くすくす、あなたみたいな敏感な娘、そんな簡単に解放するわけないじゃないバカ女(笑)徹底的にくすぐってあげるから、笑いなさい!ほらお尻コチョコチョ~…あっ、腰浮かせちゃダメでしょ~?お仕置きにおマンココチョコチョ~ww」
瑠璃「あがぁああっはっはっはっはっはっはっはっは!もう、ぼうコチョコチョやめてえぇぇっへっへっへ!!やべでぐだざいぃぃっああっかっかっかっかっかっかっかぁー!!らんでぼじばずがらあっはっはっはっはっは!!ぎゃああっはっはっはっはっはっはっは!!まだでるっ!またでじゃぅうううっはっはっはっはっは!!」

ピシャァッ…………チロチロ…チロチロ…

由美「だらしねぇなぁ、もう何出してもコチョコチョリンチはやめてやらないって言ったろ?お前はもう笑い死ぬしかないんだよバーカ!w」
舞「ぷぷっ、まだまだくすぐり地獄は『始まったばかり』だから元気に笑うねーっ、ほら、こちょこちょこちょこちょ~w」
京子「良いわよぉ、好きなようにだして、ほらほら、腰ふりが足りないからお仕置きにお尻の割れ目とおマンコの割れ目、一緒にコチョコチョリンチにしてあげますから(笑)ほぅら、こちょこちょこちょこちょww」

特に最後は京子のくすぐり拷問が残酷でした。
いい年した大人がお尻の割れ目をこちょこちょされ、腰が浮いたらおまんこの割れ目をこちょこちょ、そうすることで腰をヘコヘコさせられるのです。
ただでさえ恥ずかしい腰フリ踊りをさせられたのに、お仕置きにお尻の割れ目とおまんこの割れ目をいっぺんににこちょこちょされてしまうのだから、女の子にとっては自殺モノの恥、そして耐え難い刺激だったと思います。

結局私は一時間程度の間、大嫌いな先輩たちに何度も何度もおもらしさせられ、自分のコンプレックスや日頃の行いを謝罪させらる、気絶するまでくすぐりリンチをやめてもらえませんでした。

数時間後

瑠璃「……………ぅ……………ん…………?」
由美「おー、起きたぞ瑠璃が!」
京子「あら、もうお目覚め?案外早かったわね。」
舞「フフフフ…じゃあ、始めよっか。」

『くすぐりリンチを。』

瑠璃「………ぇ………ぇっ?……嘘…うそだよね…?何これ……ぁ…あああああああああっはっはっはっはっはっはっはっは!!!ぎゃああああーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはーー!!」
由美「クク、いい顔できんじゃん。正義面したいつもの顔よりよっぽどブサイクでいいねぇw」

そんな…本当にくすぐりリンチは再開してしまいます。
やっぱりこの人たちは悪魔だ…そんなことを考えてる余裕はすぐになくなり、もはや懇願する気力もありませんでした。
何か絶望とは違う…冷たくて黒いものが自分を覆い尽くすのを感じました…むしろ私は初めて『絶望』を体験したのかもしれません。

瑠璃「かぁーーーっかかかかかかかかかか!!どうじだらいいのぉっほほほほほほほ!!ぼうやべでぐだざいっひひひひひひひ!!」
由美「だからやめるわけないだろ?これはくすぐりリンチなんだからw」
舞「クスクス、泣き叫んでもお漏らししても、発狂してもやめてあげない。コチョコチョリンチは永遠に続くんだよっ!w」
京子「まあ、頑張って笑い苦しんでください。死ぬまでこちょこちょリンチにして差し上げますからw」
瑠璃「かっかかかかかかかかかかか!!ぎひぃーーっひっひっひっひっひっひ!おがじぐなるぅうふふふふふふふ!!ぎがぐるうっふふふふふふふふふ!!」

…どれだけこちょこちょリンチが続いたのでしょうか。
彼女たちは笑うだけの傀儡となった私をとことんくすぐりリンチにかけ、ひたすら蔑如します。
すると、舞は何を思ったのか突然私の首を両足で挟んで絞めて首4字固めをかけ、私の広がりきった鼻の穴に指を入れ、グイッと力強く引っ張ります。

瑠璃「あがぁっ!??かーーっかっかっかっかっかっかっか!!ゲホゲホっ!こっこっこっこっこっこっこっこ!!こけぇーーっけっけっけっけっけっけっけぇーー!!」
舞「どお?苦しい恥ずかしい?でもやめてあげないよ?コチョコチョリンチだもんw」
由美「あーあー顔ブッサイクだなーwもう恥ずかしくて生きていけないだろ?くすぐりリンチで殺してやるよw」
京子「相変わらずソソる笑い方してくれますのね、喉の奥をカチカチ鳴らして…死ぬまでこちょこちょリンチなんて、きっと苦しいんでしょうね…笑い死にって。」
瑠璃「こっこっこっこっこ!!ゴホゴホ!けーっけけけけけけけけけけけ!!げひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃーー!!あっが!がーっかっかっかっかっかっかっかっかぁーー!!」

悔しい…悔しい…こんな女たちにオモチャにされて…口が渇いてベロが顔に張り付いて動かない…ヨダレも汗も涙も鼻水も一斉に飛散し、呼吸すら許されない。
こちょこちょを舐めてた…こんなに苦しいなんて、こんなに人間としての尊厳を踏みにじられるなんて、こんなにプライドがズタズタにされるなんて…思ってませんでした。

瑠璃「くぇぇぇぇっけっけっけっけっけっけっけ!コホコホっこっこっこっこっこっこ!!おごおおおおおおっほっほっほっほっほ!!」
由美「うっわ、マジブサイク…皆見てみて!この顔www」
舞「ホント、元々同じ人間だったと思えないね、同じ女として恥ずかしいわw」
京子「汚らわしい…鼻水びーびー垂れ流して、くすぐりリンチが本当に効いてる証拠ですわねwww」

鬼畜な彼女たちはあまりの苦しさに噴火したように真っ赤っ赤に紅潮した私の超ブサイクな顔を囲んで、不自然に口角をつりあげてサディスティックに嘲笑う。
もっと、まだまだ狂った顔が見足りない…彼女たちは私の最も敏感な脇の下の窪みを全員で激しくツボ入れくすぐりしながら、顔を密接させてじっくりといやらしく覗き込みます。

瑠璃「こけーーけけけけけけけけ!!きぃーーっきっきっきっきっきっき!!ゲッホゲホゲホぉっほほほほほほほほほほほほ!!」
舞「クスクス…コチョコチョリンチの最大の醍醐味は、やっぱこのブス顔だよねー。身体中の血液が顔に集まって真っ赤っ赤になっちゃってさー、気持ち悪~いw」
瑠璃「ごほぉぉぉぉぉっほっほっほっほっほっほっほ!!おおおおおおおおっほっほっほっほっほっほっほっほぉーーー!!!」
由美「くすぐったさって快感の部類なんだよ、だからこれだけくすぐりリンチされても乳首がビンビンに勃起しておマンコもグショグショ…こんな情けない話ないよなw」
瑠璃「かぁーーっかっかっかっかっかっかっかーーー!!かっかっかっかっかっかっか!!ごへぇぇへへへへへへへへへへ!!」
京子「こちょこちょリンチは限界が来てから死ぬまでが異様に長いのよね。人体ってこう見えて、意外と死ねないの…だから自殺しようとしても、未遂で終わることも多いのよ?首つりとかなら割と一発なんだけど、筋肉が弛緩して糞尿とか酷いから無様なのよね~。こちょこちょリンチは無様さも最高ランクな上、なかなか死ねないの…永遠にこちょこちょくすぐられてるような感覚に陥るの…可哀想にw」

もう殺して…殺してください…。
言葉にすることができず、私は弱々しくシーツを握り腰をクネクネしながら全身を小刻みに震わせ、ありったけの笑い声をあげ続けました。

ぷしゃ…..チョロロロロ…

永遠ともいえるくすぐりリンチによる地獄の苦しみから逃れられない恐怖からか、再びお漏らしをしてしまう。
私はもう人間性を徹底して剥奪され、屈辱やプライドなんてどうでもよくなるほどでした。

ピタッ…

急にくすぐりリンチが止まりました…そして彼女たちは私に囁きます。

由美「もう二度と。うちらに逆らわないか?」
舞「もう二度と私たちに生意気な態度とらない?」
京子「私たちのくすぐり奴隷になってくれる?」
瑠璃「…………かはっ………はひ…………はひ……」

声は枯れて出てこない、舌が下唇に巻き付いて喋れない、舞に首を絞められているため頷くこともできない。
私はそれでも意志を伝えようと必死になります。

京子「………ふふふ、必死になっちゃってw」
舞「いいよ、やめてあげる。」

…………終わった…長かったくすぐりリンチが、ようやく終わったのです。







由美「ウッソぴょーーーん!!wwwww」

瑠璃「ごおああああああああっかっかっかっかっかっかっかっかーーー!!ああああああああああああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはー!」

プシャア…ジョロジョロジョロジョロ…

何がウソぴょんだ…こんな…こんなふざけた女たちにここまで理不尽なくすぐりリンチを受けて恥態を晒すことになるなんて…。
おしっこを我慢なんてもう出来ません…もうすべて出しきるほど大量に勢いよく垂れ流し、私は再び、こちょこちょリンチ。
もう何も考えられない…私はただ笑い苦しめられ、抵抗もできずに無様な姿を晒すただのブサイクな人形でした。

由美「おら、ラストスパートだよ、笑え笑えwこちょこちょこちょこちょ~」
舞「こんなにおしっこ漏らしちゃって、おちおきでちゅよぉ~、こぉ~ちょこちょこちょこちょこちょ~」
京子「ほぉら、くすぐったいでしょ?最後に名一杯笑って死にましょうねwコチョコチョコチョコチョ~」
瑠璃「がああああああああっかっかっかっかっかっかっかっか!!あへへへへへへへへへへ!!ええっへっへっへっへっへっへ!!かーーーかかかかかかかか!!くけけけけけけけけ!!ゴホゴホッほっほっほっほっほっほー!!くぁぁぁぁかかかかかかかかか!!かっかっか!かぁーーーっかっかっかっかっかっかっかぁーーー!!」

私はこのあと、真っ赤に火照るブサイク顔を3人にじっくりマジマジと見つめられながら、半狂乱になって笑い、死んだように気絶しました。
最後の3人の、悪魔のようなサディスティックな笑顔を忘れることができません。
これ以降私は彼女たちに一切逆らうことができなくなり、くすぐり奴隷として生きていくことになりました。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーねっと

Author:くーねっと
くすぐり小説を取り扱ってます~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
552位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。