FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くすぐり天国…くすぐり好きたちの戯れ

タッタッタッ…………ッターンッ!

優「…書き込めた。」

彼は少し変わった可愛らしい高校生です。
カッコいいよりカワイイと言われてしまうのを気にしてか、少しカッコつけたがる性格はあるものの、顔は整っており人気もあります。
何が変わっているかと言うと、『くすぐり好き』と言う特殊な性癖を持っていることでした。

ハンドルネーム…くすぐり好き
『どなたか女性の方で、くすぐるのが好きな方いらっしゃいますか?俺のことを死ぬほどくすぐってください。』

彼は『こちょこちょ掲示板』に書き込みました。
くすぐるのが好きな女性を探しても、くすぐられるのが好きな女性しかいなかったからです。
すると、数日後に返信があり、胸を昂らせて読みます。

ハンドルネーム…くすぐり処刑人
『私でよろしかったら、死ぬほど…いや、死ぬまでくすぐってあげます。死んでも一切責任は持ちませんし、途中でごめんなさいと言おうが泣きわめこうが、絶対にやめてあげません。それでいいなら。』

優くんは目をキラキラ輝かせて、返信します。
待ち合わせ当日、天にも昇りそうな気持ちで喫茶店の右奥の席に座り、ソワソワしながら待ちました。
すると、スーツ姿のよく似合う女性が席に座ります。

麗「…あー、あなたですよね?…私が『処刑人』です。」

思っていたより遥かに美人でした。
それどころか下手な男よりスーツの似合う女性で、彼は必死でカッコつけ、気を引こうと嘘をつきます。

麗「…君、年はいくつ?」
優「えっと…18歳です。」
麗「……………ふぅん。職業とかは?」
優「んー…警察官やってます。」
麗「へぇ~………カッコいいね。」

それだけではない、彼は麗の気を引こうと出来るだけ嘘で見栄をはり、カッコつけたのです。
麗はニヤニヤと笑いながら立ち上がり、優の隣に座りました。

ツンッ…

優「あひゃひゃあ!!??」

喫茶店の客の一部がこちらを振り向きます…優は頬を赤らめて麗さんに目配せしましたが、彼女はコーヒーを飲みながら他人行儀にしています。
しばらくすると、彼女は優を端に追いやって脇腹をわしづかみにすると、顔を覗きこんで囁きました。

麗「引き返すなら、今しかないよ?もし私にくすぐられたら、もう永遠にこちょこちょから逃れられないんだよ?…くすぐり殺しちゃうかも。それでもいいの?」
優「…た、体力ありますから!くすぐり何かには屈しません…ぶふぅぅくくくくくくくく!んーーー!!!」
麗「(この感度…大当たりじゃない。)…………わかった。じゃあ、行きましょうか。」

彼らはある建物の中に入っていきました。
ここは彼女がよく使うSMホテルのプレイルームなのだそうです。
受付にはスーツ姿の一人の女性がおり、受付を済ませて地下室へ向かいます。

麗「じゃあ、この台に横になって?…もちろん、すっぽんぽんになってね。」

優がすっぽんぽんになって台に仰向けになると、いくつもの金具で両手両足、肘や膝、腰、手足の指などを完全に固定され、頭以外はピクリとも動かせなくなりました。
そして、ギンギンにそそりたった真性包茎のおちんちんに何かビニールのようなものを被せ、ゴムでキツく縛ります。

優「ぁ………それはなんですか?」
麗「…………だって、これならお漏らししちゃっても飛び散らないじゃない。お漏らししてもやめてあげないから、安心していいよ?」

ゾクッ…

優は少し怖くなってきました。
まさか本当にこちょこちょで死んじゃったら…そう思うと、フルボッキしたおちんとんはビクビクと悦び震えます。

麗「クスクス…おちんちんビクビクしてる。期待しちゃったんだw」

麗はビシッとカッコよく決まったスーツ姿でその様をマジマジと見つめて楽しそうに笑うと、ドスンと優のあばらに馬乗りになり人差し指をクネクネいやらしくくねらせると、脇の下の窪みをコリコリと引っ掻きました。

優「さ、最初は優しくしてくださぁぁぁぁ…っ!!……くぅーーーーー!!!ぎぃひひひひひひひ!!ひぃーーー!!」
麗「くっくっく…どうやら本当にこちょこちょに弱いみたいね。楽しみだわw」

楽しそうに笑いながら麗が脇の下の窪みを10本の指でワシャワシャかき回してこちょこちょくすぐると、優は狂ったようにけたたましい笑い声を上げました。

優「うがぁぁあーーーー?!?!??かっかっかっかっかっかっかっかっかっか!!うおおっはっはっはっはっはっはっはぁーーー!!!」

優は未だかつて感じたことのないあまりのくすぐったさに驚きを隠しきれず、必死になって抵抗しますが、ピクリとも体を動かせません。

麗「ホントに弱いねぇww可哀想可哀想(笑)ほぉら、こちょこちょこちょこちょ~」
優「ぎゃっはっはっはっはっはっはっはっはっは!そごはむりぃぃぃぃひひひひひひひひひ!!!ぞごはやべでぇぇぇぇへへへへへへへへへへへへ!!」

麗は優の初々しくて敏感な反応に悦び、細長い器用な指先を蜘蛛が這い回るように脇の下の窪みに滑らせ、堪らないくすぐったさを与え続けます。

麗「なぁに?脇の下が一番弱いの?」
優「ぞごだげはやべでぐだざいっひひひひひひひひひ!!わぎのじだだげはぁぁぁぁっはっはっはっはっはっは!」
麗「バカねぇw自分から弱点を教えるってことは、よっぽどくすぐられたいんだ。」
優「ぢがうっふふふふふふふ!!ぢがいばずうっふふふふふふふふふ!!あーっはっはっはっはっはっはっは!!」

麗はもう動く気がないのか、優の体の上にうつ伏せに寝転がりブサイクに笑い狂う優の顔を意地悪に笑いながら覗きこみ、『こちょこちょ』と囁きながらくすぐります。

優「がっはっはっはっはっはっは!!こちょこちょ言わらいでぇっへへへへへへへへ!!こちょこちょやめてぇっはっはっはっはっはっは!!」
麗「ウフフ…こちょこちょ?優くんはこちょこちょって言われながくすぐられるのが好きなの?」
優「いやっはっはっはっはっは!!こちょこちょ言わないでぇっはっはっは!!こちょこちょやだぁっはははははははは!!」
麗「そっか、お望み通りこちょこちょっていいながらくすぐってあげる。ほぉ~ら、こちょこちょこちょこちょ~ww」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

優「ダメだっでばぁははははははははははははは!!もうやめでよぉぉぉぉほほほほほほほほほほほ!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

優「ぢょぉっほほほほほ!!ごれいづばでやるのぉっほほほほほほほ!!ぎゃっはっはっはっはっはっはー!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

優「ほんどにむりっひひひひひひひひひひ!!ばってまっでほんどにぶりぃぃぃぃひひひひひひひひひひひひひ!!!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

優「やべろぉぉぉぉほほほほほほほほほほほほほ!!!やべろっでいってんだろぉほほほほほほほほ!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

優「かぁーーっかっかっかっか!!だずげでぇっへへへへへへ!!やべでぇぇぇぇっへへへへへへへ!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

麗「ほぉら、こぉ~ちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょぉ~…こちょこちょ…コチョコチョコチョ…コチョコチョコチョコチョ…こちょこちょこちょこちょ~www」
優「ぎゃああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!やべでぐだざいっひひひひひ!!ぼうやべでぐだざいっはっはっはっはっは!!」

あらあら、ついに優はやめてください、などと笑い苦しみながら情けなく懇願をはじめました。
よっぽどくすぐったいんですねぇ。
頃合いを見計らって、麗は死ぬほど敏感な脇の下をコチョコチョくすぐりながら優に呟きます。

麗「ねぇ、優くん嘘ついてるでしょ?ホントは年いくつ?」
優「ぎゃあああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!15ざいですぅふふふふふふふふふ!!!!」
麗「へぇー、じゃあ中学生?」
優「ごうごうぜぇぇぇぇぇへへへへへへへへへ!!ぼうやべでぐだざいっひひひひひひひひひ!!」
麗「まだ学生なんだ。じゃあ警察官も嘘ね。クスクス…カッコつけて見栄張ったんだw今ね、優くんすごいダサくて無様よ?wどんな気持ち?カッコつけてたのに化けの皮剥がれちゃったねww」

あれだけカッコつけてた優のプライドは粉々にされたにも関わらず、恥ずかしいほどおちんちんはフルボッキしています…優の滑稽な姿に麗は本当に興奮しているようで、頬を紅潮させていじめていました。

優「かひゃひゃひゃひゃひゃ!!ごべんなざいっひひひひひひひ!!ごべんらざぁはははははは!!」
麗「クスッ…ほら、許してほしかったらもっと激しく笑い悶えながら、ごめんなさいって言いな?」
優「ごべんらだいっひひひひひひひひひひひひひ!!ぼうゆるじでぐだざいっひひひひひひひひ!!ゆるじでぇぇぇへへへへへへへ!!」
麗「ダメダメ、もっと心を込めて。苦しそうに笑いながら、ごめんなさい、って言って?」
優「ごべんらざいっひひひひひひ!!やべでぐだざいっひひひひ!!ああああっはっはっはっはっはっはっは!!」

これ以上ないくらい苦しそうに笑う優を小バカにするように眉をひそめてニヤニヤしながら麗はごめんなさいと何度も言わせます。
優もプライドをかなぐり捨ててごめんなさいと何度も謝っちゃってカワイらしい。

麗「ふふ、よく謝れたね、プライド粉砕しちゃったかなぁ?wwほら、ご褒美あげるね?」
優「ひーーひひひひ!!ひぎぃ!!??ああああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!!ぎゃーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ああああああああ!!」

麗はご褒美と称して優の脇の下の窪みのツボを10本の残酷な指先でグリグリとモミモミしはじめたのです。
優は大きく目を見開いたかと思うと、大きく口を開けて泣き叫びました。
焦点は定まらず黒目はグルンと上を向き、ヨダレが止めどなく溢れてきます。

麗「どう?くすぐったい?くすぐったいよね、ここの脇の下の窪みをこちょこちょくすぐられたら我慢できないのよね?ww」
優「あああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!ごへへへへへへへへへへへ!!ひぎーーーっひひひひひひひひひひひひひひひ!!」
麗「フフ、もう二度とくすぐられたいなんて思わないくらい、トラウマになる程こちょこちょしてあげるねwww」
優「かあーーーっかっかっかっかっかっかっかっか!!あぎゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!あひひひひひひひひひ!!ぎぃーーーっひっひっひっひっひ!!!ああああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

パシュッ!ジョボボボボボボボボ…

このまま優は一番弱い脇の下を徹底的にくすぐられ続け、勢いよくおしっこを漏らしてしまいました。
まだまだ子供ですね。
結局このあとすぐに限界を迎え、ビクンビクンと痙攣しながら失神してしまいました。

数時間後

優「……………………………ん?……………?」

優が目を覚ますと、まだ自分の体はピクリとも動かせません。
それどころか、視界は何かに遮られ、口には何か異物が入っていてしゃべることも出来ない状態でした。

麗「…あ、気がついた?フフフフ…。」

麗は再び優の体の上にうつ伏せになると、脇の下の窪みをツンツンとつっつきながら、焦らして感度を限界まで高めました。

優「んぐっ…ぐぅぅぅぅぅ!!ぅぅぅぅぅ!!」
麗「ウフフ…どう?今ね、目隠しに猿轡をされてるのよ、あなた。猿轡って知らないかな?」
優「ごうぅぅぅぅぅぅ!んんんぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」
麗「クスクス…ほぉら、こちょこちょしちゃうよ?脇の下の窪みをこちょこちょくすぐっちゃうよ?見えないから感度も凄いよねw」

麗は一通り優の反応を楽しみ感度を上げたあと、一番こちょこちょに弱い脇の下の窪みをこちょこちょくすぐり始めます。
優は必死でくぐもった笑い声を上げました。

優「ぶおおおおおおおおお!ごおっこっこっこっこっこっこ!!おおおおぶぶぶぶぶぶぶぶぶ!!」
麗「これはね、優くんがさっきお漏らししたお仕置きなの。…ごめんなさいって言えば、やめてあげる。」
優「ぶぅぅぅぅぅーー!!ぶーっくっくっくっくっくっく!!くぅぅぅーー!!」

猿轡をつけているため、ごめんなさいと言っているつもりでも全く伝わりません。
何とかごめんなさいと伝えようと笑い声を狂ったようにあげても、悦んでいるようにしか見えませんね。

麗「そんなに笑っちゃって~、本当にこちょこちょされるのが好きで好きで仕方ないのねwほぉら、こちょこちょこちょこちょ~」
優「ごおおおおっほっほっほっほ!!くくくくくくくく!!ぐぅーーっくくくくくくくくくくく!!」
麗「嬉しいねぇwwこんなにヨダレだらだら垂れ流して悦んでくれるとは思わなかったわww」

猿轡のせいでダラダラだらしなくヨダレがで続け、涙や鼻水もびーびー垂れ流して笑い狂っています。
イヤイヤと顔を振り回しているので汗と一緒にぐちゃぐちゃになった顔中の体液が飛散してしまうのです。

麗「ごめんなさいも出来ない優くんにはこちょこちょの刑だよ?ほら、ごめんなさいは?」
優「ほごぉーーーっこっこっこっこっこっこっこ!!うぶーーーーふふふふふふふふふふ!!くくくくくくく!!」
麗「やっぱりごめんなさいする気はないんだ…じゃあこちょこちょの刑w」

意地悪ですねぇ。
ごめんなさいを言えないのをわかってて、ごめんなさいを強要して言わなきゃこちょこちょの刑なんて。

麗「ほぉらほぉら、こぉ~ちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ~w笑って笑ってぇ~?w」
優「うぶぶぶぶぶぶ!!ぶーっくっくっくっくっくっく!!くくくくくく!!ぐぅーーー!!」

プルルルルルル…

麗「あら?…もうこんな時間なのね。早かった。じゃあ、ラストスパート!従業員さんが来るまで、脇の下の窪みを死ぬほどこちょこちょしてあげる。」
優「ぶぼぼぼぼぼぼ!!おーーっこっこっこっこっこっこ!!ごぶぶぶぶぶぶぶ!!」
麗「フフフ…最後に断末魔の叫びを聞かせてね♪」

麗は優の猿轡を外すと、脇の下の窪みを激しくくすぐり回しました。
優はもう悲惨なほどに泣き叫んでいます…よっぽど苦しいのが気持ちいいんですね、可哀想なほどビンビンに勃起した真性包茎のおちんちんがプルプル苦しそうに震えてるのがそれを物語ってます。

優「がああああああああっはっはっはっはっはっはっはっは!!あぎいぃぃぃひひひひひひひひひひひひひ!!だずげでぇぇぇぇぇ!!はやぐぎでぐだざいっはっはっはっはっはっは!!」
麗「クスクス…最初はカッコつけてたのに、ホントに無様だねぇwほら、もっと大きな声で助けを呼ばないと、来ないかもよ?」
優「だずげでぐだざいっひひひひひひひひひひ!!だれがぁぁぁぁっはっはっはっはっはっはっは!!はやぐぎでぇぇへへへへへ!!おねがいじばずうっふふふふふふふふふふ!!」

優は力の許す限り大きな声で助けを呼び、笑い狂い、泣き叫びます。
麗はそんな無様で情けない優の顔をじっくり妖しく笑いながら、こちょこちょくすぐっていくのです。

優「ながいぃひひひひひひひひひひひひひひ!!はやぐぎでよぉぉぉほほほほほほほほほほ!!だずげでぐだざいっはっはっはっはっはっはっはぁーーー!!」
麗「助けてって声が小さいからじゃない?もっと必死に笑い狂いながら助けてくださいって言わなきゃw」
優「かーーーっかっかっかっかっかっかっかっかっかっか!!おねがいだずげでぇへへへへへへへ!!おねがいらからぁぁぁぁっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーーー!!」

ガチャン…

失礼します…フロントの者ですが。
お時間過ぎてるのでお知らせの電話をしたのですが出られないので…

優「があああひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!だずげでくだざいっひひひひひひひひ!!おねがいだずげでえっへへへへへへへへへ!!」

えっ!??ちょっと、これは一体どういうことですか??

驚くのも無理はない。
幼い高校生くらいの男の子がガッツリ拘束され、死ぬほど敏感な体をこちょこちょくすぐられているのですから。
助かった…優は恐らく笑いながら心から安堵していたのでしょう。

麗「それがね、この子がこのホテルの売上を横領していた疑いがあるから、こうやってこちょこちょくすぐって尋問してたの。」

…なるほど。

瑠璃「それは、徹底的にこちょこちょくすぐって尋問して吐かせないといけませんねw」

………………………………は?

優「ぎゃあああああーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あああああああーーーっはっはっはっはっはっはっはっはぁーー!!」
麗「クスクス…二人がかりでこちょこちょはキツイでしょ?w」
瑠璃「カワイイww私こういうカワイイ子を死ぬまでこちょこちょくすぐって泣かせてみたいって思ってたんですw」

こちょこちょの刑が再開します。
優は死ぬほど敏感なさらけ出された脇の下を二人がかりで遠慮なしにこちょこちょくすぐられて笑い悶えています。
真性包茎のおちんちんははち切れんばかりにフル勃起し、相変わらずプルプル情けなく震えていました。

麗「ふふふ、今日はくすぐり天国に連れていってあげる約束だから、泣きわめいて懇願しても、おしっこ漏らして失神してもやめてあげないからw」
瑠璃「心配しなくても、スタッフ私だけじゃないから私が戻ってこないことを不審に思ったスタッフが来るから…それまでは永遠にこちょこちょ天国だよ~w」
優「きぃーーーーっひひひひひひひひひひひ!!はやぐはやぐぅふふふふふふふふふふふふー!もうげんがいっひひひひひ!!おねがいだずげでぇへへへへへへへへへへ!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

ガチャン…

失礼しまーす!…ぅわ!何この状況!

ちょっと瑠璃!あんた何してんの?

二人のスーツ姿のフロントの女性が現れました。
今度こそ…今度こそ助けてくれる。
優は心の奥で安堵していたんでしょうね。

瑠璃「この男子高校生がこのホテルの売上金を横領したっぽいんで、こちょこちょくすぐって尋問してたんです。」

舞「…………なるほどね。」
由美「そりゃ、白状するまでこちょこちょの刑だなww」

………………………………………

優「がぁーーーっかっかっかっかっかっかっかっかっか!!あがーーーっかっかっかっかっかっか!!ぎぃーーひひひひひひひひひひ!!!あひゃひゃひゃひゃひゃひゃあーーーー!!!」

プシュッ!ジョボボボボボボボボボボ…

おちんちんを覆うビニールにおしっこの音が鳴り響きます。
希望を与えてから地獄に突き落とす光景はあまりに悲惨で残酷でした。
優はもはや助けなんて来ないと言う事実、恐怖、くすぐったさから二度目のお漏らしをしてしまいます。

麗「あらあら、もう2度目のお漏らし…よっぽどこちょこちょの刑が好きなのねぇw」
由美「くっくっく、どっかの喫茶店で飲みすぎたのか?w心配すんなよ、そのうちウチら以外のスタッフが来るから、それまでこちょこちょの刑w」
舞「ほらほら、タマタマとチンチンを同時にモミモミしてあげるね?モミモミ…モミモミ…モーミモミ…カッチカチじゃんw」
瑠璃「可哀想だねwほらほら、もっと笑って笑ってwwこちょこちょこちょこちょ~w」
優「ぎゃああああーーーーっはっはっはっはっはっはっは!ぁあああああっかっかっかっかっかっかっか!!があああひゃひゃひゃひゃひゃ!!ひぃーーーひひひひひひひひひひひひ!!!」

ここから先はほとんど記憶にないんじゃないでしょうか?
何人もの残酷な女性に身体中をこちょこちょくすぐられ、頭が真っ白になって懇願すらしなくなり笑い袋と化した哀れな男子高校生は、渇いた笑い声をおなかの底から絞り取られていました。

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

優「ごひゃああああっははははははははははははは!!ぎーーひひひひひひひひひひひひひ!!ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはーー!!!」

気づいた時には…もう10人を越えるスーツ姿の女性がおり、そのうちの何人かは優の顔を太ももで固定して囲んで覗きこみ、悪魔のような笑みを浮かべて脇の下を一斉にこちょこちょくすぐっています。
またある女性たちは優のおちんちんやお尻の穴を囲んで覗きこみ、おちんちん、金玉、蟻の門渡り、お尻の穴などの屈辱的な部分をこちょこちょしました。

優「こけぇぇぇぇっけっけっけっけっけ!!けーーーーっけけけけけけけけけけけけけ!!あひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!ひゃーーーっはっはっはっはっはっは!!」

クスクス…もう頭動かせないね…可哀想可哀想w…こんな何十本もの器用な細長い指先にこちょこちょされたら堪らないでしょうねw…しかも一番弱い脇の下の窪みだもんね…見てみて、めっちゃブサイク顔になってるw…泣いちゃってるよぉw…鼻水とかヨダレめっちゃ出てるw…きちゃなーい…あらら、ぐしゃぐしゃじゃん、あんなに可愛らしい顔してたのにね~…ヤバい、真っ赤っ赤になってる…最高っ…

女性たちは残酷に嘲り笑いながら優の必死なブサイク顔をギリギリまで近づけて囲み覗きこみます。
脇の下をこちょこちょする女性たちは、優のカワイイ顔が血液が沸騰したように真っ赤に染まり、鼻の穴も口も目も限界まで広げて笑い苦しむのを見ているのです…死ぬほど興奮しているようで、彼女たちも顔を紅潮させて妖しく笑いながらこちょこちょしてました。

優「かっかっかっかっかっかっか!!くかーーーかかかかかかかかか!!ひぎっ!!ひぎーーーっひひひひひひひひひひひひ!!ひゃーーーっはっはっひっはっはっはっはっは!!」

やっぱりフルボッキしてる…カチカチw…ほら見て、プルプル揺れてるw…苦しそうっ…モミモミしてあげるねw…お尻の穴もバッチリチェックしてみましょ?…そうですねぇ…はーい、両手でお尻開きまちょうねぇ~…わー、お尻の穴丸見えw…恥ずかしいw…きもーい…みんなでほじくっちゃえww…

恥部などをこちょこちょしている女性たちは若くて敏感な男の子の恥部を辱しめ、徹底的に屈辱を与えることに性的興奮を感じているようで、顔を真っ赤に火照らせていじめていました。

優「かかかかかかかか!!あぎゃーーーっはっはっはっはっはっはっは!!ぐえっへへへへへへへへへ!!ぃぎーーーっひひひひひひひひひひひ!!」

こんな可愛らしくて敏感な男子高校生をいじめて発狂寸前まで追い込む経験なんてなかなか出来ることではありません。
彼女たちは散々コケにし、辱しめ、こちょこちょくすぐり追い込み、心の底から興奮していました。

真性包茎か…確かにクソちっちぇw…ごめんなさいって謝りなよ、男として恥ずかしいんだから…ほら、もっと悶え苦しめよ…ブッサイクだなぁしかしw…ホントだよね…こんな顔誰かに見られたら私は生きていけないや…笑い苦しんで死ねばいいのよ…こちょこちょこちょこちょ~…

麗「フフフフフ…くすぐり天国はもうすぐソコだよ?ほら、最後にもっと激しく笑って?死ぬほど苦しみながら死んでね?w」

優「かああああああ!?????っかぁーーーっかっかっかっかっかっかっか!!くぁーーーっかっかっか!!くけけけけけけけ!!げほげほっほほほほほほほほほほ!!あーーっかかかかかか!!かぁーーーーっかっかっかっか!!かーーひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!ああああああああああああああーーーーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

女性たちは最後に全員で脇の下のツボを指を突き立ててえぐり、ブルブル振動させて激しくくすぐりました。
優はカチカチ喉の奥を鳴らしてケタケタ死ぬような笑い声を上げると、ゆっくり呼吸をしなくなり、死んでしまったそうです。

最後の顔、超ブサイクだったねw…あんなカワイイ顔した若い男のブス顔なんてもう見れないだろうなぁ…ふふふ、最後までおちんちんビンビンに勃起してたし、幸せだったんじゃない?…クスクス…クスクスクスクス…

麗「ふふふ、あれだけカッコつけてたのに無様に勃起して笑い悶えて…こんな大勢の女性にバカにされながら死ぬことが出来てよかったね。」

麗はニッコリと囁き、笑いました。

彼はこの後天国で散々くすぐり回される夢を見たあと、目を覚ましたそうです。
死んでなくてよかったですね。
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

執筆お疲れさまです!

やっぱり夢オチでしたかww
死んでなくてよかったですが、くすぐられたのが夢だったのがホントによかったんでしょうかね(笑)
プロフィール

くーねっと

Author:くーねっと
くすぐり小説を取り扱ってます~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4669位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
504位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。