FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違法賭博施設の理不尽なくすぐり精算…借金地獄をくすぐり地獄へ

これは、くすぐり愛好会のメンバーくすぐり愛好家によるストーリープレイである。

借金の精算…くすぐり死刑

瑠璃と言う1人の女性がとある地下室に連れて来られ、ノースリーブにミニスカート姿で四肢拘束台に両手両足を束ねて棒の字に固定されている。
どうしてこんなことになったか…それは、両親の借金の保証人になっていたことだった。
両親は違法賭博施設での高レートギャンブルで敗北…ヤミ金融に手を出し、彼女は何も知らずに利用され、結局両親は蒸発、その後黒服の男たちに連れられるままにここへ来たのだ。

瑠璃「……な…なんなんですか一体…わ、私はこんなことされるような事何もしてません!」
正夫「そうは言ってもね、君の両親はちゃんとやらかしてくれてるんだよ…署名も印鑑もバッチリ、利用されたんだね。」
瑠璃「…そんなこと…でも、私は…」

瑠璃は真面目な学生だった。
高校を卒業したあと奨学金とアルバイトで大学へ行き、そろそろ2年生になる頃。
大学を出たら公務員になって生活を安定させようと考えていた。

正夫「恨むんなら、両親を恨むんだね。君はとてもいい子のようだから…残念だ。」
瑠璃「な…何…何をするの…?」
正夫「君にはこの莫大な借金を返す能力はないし、もう一生払っても返しきれない額まで膨れ上がってるんだ。ありがちなことだけど、体で払ってもらうよ。」
瑠璃「ひっ………やめて……酷いことしないでぇ…。」
正夫「…その心配はないよ…せめて最期は、笑顔でね。」

正夫はバンザイしてピンと伸びた瑠璃の両手に座り込んで、顔を覗きこむ。
その顔は、ゾッとするほどの悪意に満ちていた。

瑠璃「ひ、ひぃぃぃぃ…………ぅ……ぅあああああああああっはっはっはっはっはっはっはっは!!ぎゃああああーーっはっはっはっはっはっはっはっは!!なんなのぉっほほほほほほ!!??」
正夫「何って、くすぐりだよ。君はこれから、死ぬまでくすぐられることになる…発狂が先か、窒息が先か…賭けないか?」
瑠璃「がああああっはっはっはっはっはっはっは!!ぐるじいっひひひひひひ!!いぎずわぜでぇっへへへへへへへ!!」
正夫「そうか、窒息が先か。」

それどころではない。
正夫は瑠璃の剥き出しになった死ぬほど敏感な脇の下を、箒で掃くようにシュッシュと指を滑らせ、肉を摘まんでプルプル振動させ、コリコリ爪で引っ掻き、たまにツボをグリグリと刺激する。

瑠璃「かぁーーーかかかかかかか!!かっかっかっかっかっかっかぁーー!!いぎをずわぜでぇっへへへへへ!おれがいじばずぅっふふふふふふふ!!」
正夫「ダメだ、借金背負ってる身で贅沢言うな。…そうとうくすぐりに弱いんだな、ケタケタとソソる笑い方しやがってwくすぐり地獄を選んで正解だった。」
瑠璃「ぎぃーーーひひひひひひ!!こちょこちょやめてぇっへへへへへ!!おねがいじばずぅっふふふふふふ!!」

あまりのくすぐったさに呂律が上手く回らない、それでも必死になってやめて!と懇願している。
正夫はニヤニヤ笑いながら、一切の手加減なしに徹底的に脇の下をこちょこちょくすぐり、瑠璃を笑い転がしている。

正夫「どうした?もう限界か?まだほんの小手調べだし、始まったばかりなんだが。」
瑠璃「ぎゃあっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!いぎでぎないぃひひひひひひひ!!おねがいずわぜでえっへへへへへへへへ!おねがいだがらああああっはっはっはっはっはっは!!」

息も満足に吸わせてもらえず、瑠璃は一生懸命腰をフリフリしてくすぐったさを名一杯表現している。
正夫は残酷にも、さらに指を加速させて激しく瑠璃をのたうち回らせて満足げに嘲笑っていた。

瑠璃「おあああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!じぬぅふふふふふふふ!じんじゃうよぉっほっほっほっほ!!」
正夫「そりゃ、今からくすぐり殺すってんだからなぁ。死ぬほどくすぐったいに決まってんだろ?」
瑠璃「やだよぉっほほほほほほほ!!じにだくらいっひひひひひ!!ごんらろやらぁっはっはっはっはっはぁーー!」
正夫「そうか、まあ頑張れよw」

この状態で何を頑張れって言うんだ…正夫は意地悪にニヤニヤと笑い、一番くすぐりに弱い脇の下を蜘蛛が這い回るように器用に指を滑らせてくすぐっていた。
死にたくないのも当然だ、こんな仕打ち理不尽すぎる。
瑠璃は体をピチピチと魚のようによじりくねらせ、無様に飛びはねてしまう。

正夫「……お前、実は両親の居場所に心当たりあるだろ?」
瑠璃「はひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃひゃーー!??ありばぜんっふふふふふふふふ!!ぞんなのないっひひひひひ!!」
正夫「そうか、白状したらくすぐりをやめてやろうと思ったんだが。」
瑠璃「はぁえっへへへへへへへへへへへへへへ!????ひゃっははははは!!あーーーっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

確かに瑠璃には、確信はないが心当たりがあった。
だが、もし彼らにそれを言ってしまえば、両親は何をされるかわからない。
瑠璃には言えなかった。

瑠璃「がっはははははははは!!はくじょうでぎばぜんっふふふふふ!いえらいよぉっほっほっほっほっほっほっほ!!」
正夫「白状しないならそれもいい、笑い死にするだけだ。」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

瑠璃「ぎゃっはっはっはっはっはっはっはっは!やべでぐだざいっひひひひひ!!コチョコチョだげはやべでぐだざいいいいっひひひひひひひ!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

瑠璃「かぁーーーっかっかっかっかっかっかっかっか!!ぼうゆるじでぐだざいっひひひひひひひ!!なんでぼじばずがらぁーーーははははははは!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

瑠璃「わがりばじだぁぁぁぁっはっはっはっはっはっは!!白状じばずうっふふふふふふふ!!なんでぼはなじばずがらぁっはっはっはっは!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

瑠璃「はぐじょうざぜでぐだざいいっひひひひひひひひ!!おねがいじばずうっふふふふふふふふ!!あぐじょうざぜでぇぇぇぇっへへへへへへへへ!!」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

瑠璃「げぇーーーっへっへっへっへっへ!!があああああああっはっはっはっはっはっはっは!!ひーーーーひひひひひひ!!ひぃーーっひっひっひっひっひーーー!!!」

正夫はサディスティックに笑いながら屈服して白状すると言った瑠璃の言葉を無視して徹底的にノースリーブでさらけ出された脇の下をくすぐり続けた…白状させてくださいと懇願するまで。

正夫「何でも白状するんだな?嘘ついたらくすぐり殺すぞ?」
瑠璃「じばずうっふふふふふふふふ!!らんでぼはぐじょうざぜでぐだざいっひひひひひひひひ!!ひゃーーっはっはっはっはっはっはっは!!」
正夫「お前は何カップだ?」
瑠璃「ぁあっ!???っはははははははははははは!!!Aカップでずうっふふふふふふふ!!ふひゃっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
正夫「ずいぶん貧乳なんだな、恥ずかしい。じゃあ、初めてのオナニーはいつだ?」
瑠璃「があっはっはっはっはっはっはっはっは!!小5でずぅっふふふふふ!!ひぃーーーひひひひひ!!」
正夫「早いじゃないか、盛んな女だ。次、最近使ってるオナニーの道具は?」
瑠璃「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃーー!!!シャワーどがディルドづがってばずうっふふふふふふふ!!ひぃぇぇぇぇぇへへへへへへへへへへへ!!」
正夫「おいおい、真面目な学生のクセにそんな方法で…すげぇな。えーと、週何回やってるんだ?」
瑠璃「生理がなげれば毎日やっでばずうっふふふふふふ!!あっはっはっはっはっはっは!!あーーーっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

正夫は何でも白状する瑠璃に対して答えたくない恥ずかしい質問を楽しそうに遠慮なくぶつけていく。
いつになったら両親の心当たりを聞くんだろうか。
あまりの恥ずかしさとくすぐったさで無意識に腰をクネクネといやらしくくねらせねしまい、それが恥ずかしさに拍車をかけ、正夫の嗜虐心を昂らせる。

正夫「初エッチはいつ、どこでやった?」
瑠璃「高校のどぎいっひひひひひひ!!がらおげでやりばじだぁぁぁぁっはっはっはっはっはっは!!」
正夫「カラオケ?普通初エッチは彼氏の家とかじゃないのか?」
瑠璃「おざえぎれなぐなっぢゃっでえっへへへへへへへへ!!ぼうやべでえっへへへへへへ!!変らじつぼんじないでぇっはっはっはっはっはっは!!」
正夫「真面目に見えてとんだ淫乱女だな。好きな体位は?」
瑠璃「あひゃっかっかっかっかっかっかっか!!かぁーーっかっかっかっかっか!!騎乗位でずうっふふふふふ!!ああああっはっはっはっはっは!!」
正夫「やっぱり、そうだと思ったw淫乱でごめんなさいって謝れ。」
瑠璃「かあっははははははははは!!淫乱でごべんらざいっひひひひひひ!!!ごべんなざいっはっはっはっはっは!!」

ピタッ…

正夫「両親はどこにいるかわかるか?」

嵐のようなくすぐり拷問が一旦終わり、彼は聞いた。
瑠璃は、呼吸を整えながら答える。

瑠璃「お墓…お父さんもお母さんも、困ったら彼らの親が眠ってる場所へいつも行きます。」
正夫「なるほど、どこだかわかるか?」

瑠璃が詳細を伝えると、どこかへ電話をかける。
話終わると、再び指を脇の下に添えて、意地悪く笑っていた。

瑠璃「かっかっか…きぃーーーひひひひ!!きっきっき!…おれがいっ…ぼうやべてぇぇえ…!」
正夫「触れただけでこの反応か。くくく、楽しみだなwほーれほれ、くすぐったいか?」
瑠璃「かぁっかっかっかっかっかっかーー!!!くすぐっだいっひひひひ!!ぐすぐっだいよぉっほほほほほほほほほほ!!」
正夫「お前の両親が見つかったら、お前を解放してやる。それまでは頑張るんだなw」

正夫は脇の下の窪みと首の周りを、じっくり、優しく、執拗にくすぐっていく。
この狂おしい刺激は瑠璃の感動を極限まで高め、瑠璃は激しく笑い狂った。

プルルル…

正夫「…よかったな、両親が見つかったそうだ。今こっちに向かってるらしいぞ。」

………………ガチャン

地下室の扉が開き、黒服の男が3人入ってくる。
助かった…ようやくこのくすぐり地獄から解放された…瑠璃は心の底から安堵しました。

正夫「…どうした?」
秀樹「それが…逃げられました」

……….…………………………え?

正夫「そうか…なら仕方ない。」

『くすぐり殺すしかないか。』

正夫「お前たち全員手伝え。」
大介「へい!」
祐吾「すっぽんぽんにしちまおうぜ!」
瑠璃「ぁ………………ぁぁぁぁぁぁ………」

瑠璃の顔が絶望に染まる…無理もない。
心の底から安堵した途端、死刑宣告が突き刺さったのだから。
男たちは瑠璃をすっぽんぽんにしてしまうと、大介があばらの辺りに馬乗りになり、脇の下やおっぱいの横辺りに手を添える。
祐吾と秀樹は瑠璃の顔の真横に座り、首をさわさわとくすぐる。
正夫は相変わらず両手の上で座り込み、脇の下の窪みをいじめる。

正夫「この女は真面目そうに見えて相当な淫乱な女なんだ、手加減するなよ、徹底的に苦しめて、くすぐり殺してやる。」
大介「くく、お尻もおマンコも、ビンビンに勃起した乳首も丸出しじゃんw」
秀樹「おマンコグショグショだわ…マジモンの変態かw」
祐吾「あーあ、可哀想可哀想w」
瑠璃「いや……ぅぁぁぁぁ………あああああああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!かぁーーーっかっかっかっかっかっかっかっかぁーーー!!!!」

4人は一斉に、脇の下と首を、優しくしつこくくすぐりはじめた。
まるで神経を直接触れられたような狂おしい刺激に、弾けるように笑い狂う。
彼らは全員でそんな瑠璃の顔に自分の顔を近づけて覗きこみ、ブサイクに笑い狂う恥ずかしい様をニヤニヤと意地悪に笑いながら見ている。

瑠璃「ぎゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あーーーっはっはっはっはっはっはっはっはぁーー!!」
秀樹「おい、見ろよwこいつメチャクチャブサイクな顔してるぞw」
大介「何でこんなに鼻の穴広がってんだよwブサイクすぎw」
祐吾「つーかヨダレとか鼻水とかきったねー!w」
正夫「くくく、本当にくすぐったいんだな。このブッサイクな顔と無様な腰フリがその証拠だ。」
瑠璃「ぎゃひひひひひひひ!!ひぇっへっへっへっへ!はぁーーーーっはっはっはっはっはっはっはっはぁーー!」

瑠璃にはくすぐられて笑う時に鼻の穴が大きく広がるクセがあった。
それだけではなく、大きく見開いた目の焦点は定まらず、口からダラダラと止めどなくヨダレを垂れ流している。
こんなブサイクな顔を男に見られてしまった女の屈辱とショックは計り知れないものがあるだろう。

瑠璃「うぎぃーーーーーひひひひひひひひひひ!!ぎぃーーっきっきっきっきっきっきっき!!ぎゃっはっはっはっはっはっはっはっはー!!」

あばらの辺りに馬乗りされている為、満足に腰をフリフリすることができず、瑠璃はヘコヘコと上下に腰を動かすと言う本当に恥辱的な動きを強制的にさせられていた。
そんな瑠璃を見て男たちはおちんちんをビンビンに勃起させてくすぐり責めを続ける。

瑠璃「こぉけけけけけけけけけ!!かっはかはかはかはっ!!かっかっかっかっかっか!!ぁぁぁぁぁっかっかっかっかっか!…ケホケホッほほほほほほほほほ!」

瑠璃が呼吸困難に陥るのは割と早かった。
先程の正夫の脇の下くすぐり責めがよほど効いていたんだろう…優しく執拗なさわさわコショコショ責めで十分彼女を窒息させることができた。
彼女は情けなく腰をヘコヘコさせながら次第に笑い声をあげなくなり、咽びはじめる。

瑠璃「はぎっひひひひひ!かっはかはかはかはっ!!ゲホゲホほほほほほほ!!………ぅぁぁぁぁ!!」

もう限界だった…涙をポロポロ流し、ヨダレまみれの口をパクパクさせて息を吸おうと努めるも、無駄。
おなかがピクピク痙攣しはじめる…筋肉がつってしまっているのだ。
彼女は男たちに徹底してくすぐられ、次第に声をあげなくなった…

瑠璃「ぅぁぁぁぁぁ………………ケホケホ…………っがぁ……ぁ……………




ヴオオアアアアア嫌いやいやいやいやいやあああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーーー!!っかっかっか!かぁーーーーっかっかっかっかっかっかっかっかっかっかっかっかっかっかぁーーー!!」

声を上げなくなったと思った瞬間、正夫が脇の下の窪みの、いくつもあるくすぐったいツボを10本の指で激しくグリグリツンツンと揉み振動を与えたのだ。
秀樹たちも正夫にあわせて脇の下のくすぐったい、瑠璃の苦手なツボに指をえぐりこませ、激しく振動させる。
そして振動に呼応するように小刻みに体をクネクネさせてケタケタ笑かされていた。
ぐっしょりとかいた汗と鼻水、涙を撒き散らして再び獣の如く声を荒げて半狂乱になりながら泣き叫んでいる。

瑠璃「あがああああっがっがっがっがっが!!かーーーっかっかっかっかっかっかっかっかっかー!!あああっへへへへへへへへへ!!けぇーけけけけけけけけけ!!」

どうしてこんな理不尽なくすぐり地獄を受けなければいけないんだろう……そんなことを考えていたのだろうか?
口の中は渇ききり、舌が下唇にへばりついて取れなくなっている。
腰を全力でヘコヘコして広がった鼻の穴から無限に鼻水が飛び散り、見開いた半分白目の眼から涙を流して金切り声をあげる無様な格好は見ていて滑稽で、残酷極まりない。

瑠璃「けけけけけけけけ!!けーーっけっけっけっけっけっけ!!かっはかはっ!かっかっかっか!!あっへへへへへへへへへへ!!くかかかかかかか!!かーーっかっかっかっかっかっかっかっかーー!!…………かっかっか………けけけけけ………が……がぁぁぁ……!!!」

血が吹き出しそうなほど真っ赤に染まる顔で笑い悶える瑠璃のブサイク顔を至近距離でマジマジと見つめ、男たちも同じように顔を紅潮させビンビンにテントを張りながら全力でくすぐり、最期に本気で笑い狂わせる。
瑠璃は本当に息をする間も全くなく、ただ死ぬまで笑い続け、プルプル全身を痙攣させながらおしっこを漏らして惨めに窒息死してしまった。

このくすぐり地獄の惨状は録画され、マニアに超高額売り飛ばされる。
これにより、借金は完済されるのだ。



…………………………………ぷはぁーー!

瑠璃「……………………夢か。」

全身の筋肉が悲鳴をあげるのに耐え、彼女は再びくすぐられる妄想に耽るのだ。

瑠璃「今日のはハードだったな…また受けたい。」

彼女は重度のくすぐりフェチである。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

くーねっと

Author:くーねっと
くすぐり小説を取り扱ってます~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
552位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。