FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くすぐり美容院

秋穂「………ふー、今日も暑かったなぁー。………あ、そーだ!」

秋穂は美容師になりました。
自分のように、自分に自信が持てずに悩んでる人の力になる職業に就きたかったからです。
今日は自分の経営している美容院は早めのお昼休み、closeの立て札を立てます。
今日は、秋穂にとって大切なお客様が来店することになっていました。

チリンチリン…

美月「お邪魔しますわ!」
秋穂「(…来た♪)ふふふ、いらっしゃいませ!」

大きな麦わら帽子をかぶり、黄色のノースリーブワンピースを身につけた彼女は、テキトーな場所に座ると秋穂に命令します。

美月「秋穂、お茶。今日はいつものお願いするわ!髪型はショートボブで切らせてあげる!」

美月はいつも以上に高圧的な態度をとり、秋穂を挑発していました。
秋穂は怒りません、何故なら、どうして彼女がこんな高飛車な態度で挑発しているのか、理解しているからです。

秋穂「はい、お茶。…ショートボブですね。了解しました。」

秋穂はいつも美月の髪を切っているだけのことはあり、手際よく切っていきます。

秋穂「えっと、さっき今日はいつものお願いするって言ってたけど…いつものって何かな?」
美月「え…?い、いつものはいつものよ!わかってるでしょ?」
秋穂「…んー、つまりそれは…いつもやってることをしてくださいってこと?」
美月「そ、そうよ。」
秋穂「…………つまり…

『こちょこちょ』

…してくださいってこと?」
美月「………………………ぅん。////」

こちょこちょ。美月はイヤらしい顔で笑われながらこの甘い言葉を耳元で囁かれ、被虐心をわしづかみにされてしまいました。
彼女は顔を赤くしてうつむき、小さく頷きます。
秋穂は再び髪を切り始めて、続けました。

秋穂「…何だか嫌そうな顔してるね。やっぱりやめとく?こちょこちょ。」
美月「ええっ!?待って!べ、別にそんな顔してないわよ!///」
秋穂「へぇ。じゃ、そんなにされたいの?こちょこちょ。」
美月「…べ、別にっ!//あ…あなたが、どうしても…ってなら…か、考えなくもないわ…。////」
秋穂「別に私はしなくてもいいよ?こちょこちょ。」
美月「ええっ!?」
秋穂「ただ、美月ちゃんが望むなら…こちょこちょしてください…って言ってくれたら…喜んでするよ?こちょこちょ。」
美月「……………………………………さい。」
秋穂「…聞こえない。大きな声で。」
美月「……こ…………こっ……

『こちょこちょしてください』

………………っっっ。/////」
秋穂「どのくらい?」

『泣くまでこちょこちょしてください』

今度は美月が秋穂の加虐心をわしづかみにしたようです。
美月の首を左手で掴み、たまに人差し指で彼女の喉を、コリ…コリ…と、優しく引っ掻き刺激します。

秋穂「ホントにいいんですか?泣くまでこちょこちょくすぐっても?…あー、動かないでくださいね、髪型変になったり、怪我しちゃったらマズイですから。」
美月「かひぃっひひひひひ!!///……う、動くなって言われても…くふふ//」

喉をコリコリする度に美月はびくびくと体を震わせています、可愛いですね。
秋穂はニヤニヤ笑いながら、次のステップへ移ります。

秋穂「うふふふ、そこまで言うなら、いいよ。///髪切り終わったんで、シャンプーしますね。」
美月「早っ!?…はいっ。///」

秋穂は美月をいじめてる間に髪を切り終わり、すぐに、特殊なお客様専用のシャワールームへ招待します。

秋穂「じゃあこの椅子に、座ってくださいね。…今日はお客様のご要望通り、泣いちゃうくらいのこちょこちょの刑、しちゃうからw」

秋穂が、こちょこちょ、と言う単語を放つ度に美月の心臓は跳ね上がります。
心踊る気分で椅子に座ると、両手足を椅子に固定されて動けないようにされます。

秋穂「じゃあ、シャンプーしていきまーす。顔は上を向いててくださいね。」

シャカシャカシャカシャカ…

美月「く………くっ//……くふふふふ//」
秋穂「あら?どうかしたの?w」
美月「……な、何でもないわよっ!…くひゅひゅひゅ////」
秋穂は頭をシャンプーしながら、あえて首筋に滑らかな指先を、蜘蛛が這い回るように滑らせています…意地悪ですね。

……どこか、痒いところはありませんかー?

………………………足の裏。

秋穂「…ふふふ、わかりました。…なるべく体は動かさないで、我慢してください。」

秋穂は、シャンプーでヌルヌルした10本の指先を、美月の足の裏に添えて、こちょこちょと優しく引っ掻くようにくすぐり始めます。
堪えきれずに体を振り乱して笑い狂うような刺激ではなく、甘ったるい、もどかしいような刺激です。

美月「くっ…きゃっはっはっは!…はうぅふふふふふふ!!///」
秋穂「ほぉら、ここが痒いんですよね~。ダメだよ、笑っちゃ。体もちゃんと動かさないで我慢してねw」
美月「ひゃいいっひひひひ!///くぅぅぅぅーーんっ!………くっくっくっ………ひぃーー…!///」
秋穂「ふふふ、痒いのは指の間ですか~?こちょこちょこちょこちょ~」
美月「ひゃっひひひひ!//ち、違うわよぉっ!そこ……あっはっは!///」
秋穂「それとも指の付け根?ここはみんな痒がりますからね~。こちょこちょこちょこちょ~」
美月「いひゃひゃひゃひゃ!//そ、こはきついけどぉほほほほほ!//…………そこも違うっ…………ふっふ!////」
秋穂「じゃあ、土踏まずかな?ここは強めにカリカリ引っ掻いてあげますね~。こちょこちょこちょこちょ~」
美月「かひゃひゃひゃひゃぁーー!!ああっ!そこそこぉぉぉほほほほほほ!!////そこは痒いぃっひっひっひっひぃー!!」
秋穂「クスクス…痒いんですねwじゃあこの土踏まずを重点的に掻いていきましょうね~。こちょこちょこちょこちょ~」
美月「いやっはははははは!!///こ、こちょこちょ言わないでぇへへへへへへ!!あっはっはっはっはっは!!////」
秋穂「うふふっ///ほぉ~ら、こぉちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょぉ~ww」

秋穂は一通り、美月の敏感な足の裏をカリカリしていじめてあげました。

秋穂「はい、足の裏カキカキはこれで終わり~w」
美月「ふぅ………はぁ、はぁ……ぁぁ…。//」

秋穂が一旦手を休めると、美月はほんの少し物足りなさそうな顔をしています。
秋穂は人差し指で土踏まずをゆっくりカリカリしながら、囁きます。

秋穂「…ひょっとして、まだ痒いところがあるんですかぁ?w」

小バカにしたような彼女の悪魔の囁きに美月はゾクリと鳥肌が立ちます…が、甘い囁きに誘われ、口にしました。

美月「く…首が…とっても痒い…です…。////」
秋穂「わかりました、じゃあ上を向いてください。首を中心に掻いていきましょーね。」

秋穂は美月が上を向くのを確認すると彼女の太ももを跨いで椅子に乗っかり、ちょこんと太ももに座りました。
そして、上を向く彼女の顔を覗きこみながら、首を優しくカリカリと引っ掻いていきます。

美月「あひゃ!?かぁっかっかっかっか!//ケホケホっ!…くかかかかぁ!//」
秋穂「美月ちゃん、首をすくめたら痒いところ掻けませんよ?はーい、上向いて~。」
美月「ひゃいぃっひひひひ!!……くぅっ//無理らよぉ……くぅえっへっへっへっへっへ!///」
秋穂「……もー、言うこと聞かない子は、お仕置きだよ?こちょこちょこちょこちょ~」
美月「ぅひひひひ!!……くくっ…くひゃああああーーっはっはっはっはっはっはっはっはぁーー!!ひぃぇへへへへへへへへへへ!!//」

秋穂は美月のおでこを左手で抑えて強制的に上を向かせると、右手の指先でコリコリとくすぐったい刺激を送ります。
美月は先ほどの甘い刺激とは異なる突然の刺激にガタガタと拘束椅子を揺らしてますが、全く抵抗できていません。
秋穂は甘い刺激と激しい刺激を使い分けます。

秋穂「クスッ…暴れちゃって可愛いなぁ。抵抗しても無駄だよ?絶対に逃げられないから。ほーら、笑って笑って~?こちょこちょこちょこちょ~」
美月「かあっひゃひゃひゃひゃひゃ!!強いぃぃぃっひひひひひひひひひひ!!///………っひひひ…や、やめなさいよぉ…かっかっか…くぅ!//」
秋穂「あれ?自分から誘ってきたのに、何言ってんの?…それにやめなさい、じゃなくてやめてください、でしょ?w」
美月「くっくっく…くぁぁあっかっかっかっかっかっかっか!やめてくださぁっはっはっはっは!!//…………ひぃぃっひひひひ………ひいぃぃぃ。/////」
秋穂「良くできましたwやっぱり人間素直で真面目が一番いいよ。ほらほら、くすぐられたいんでしょ?死ぬほどくすぐってくださいって言ってみな?w」
美月「あぅぅぅ………そ……そんなことっ///…ふふふ…ぃひゃああああっはっはっはっはっはっは!!かぁーー!!かかかかかかかか!!死ぬほどくすぐってくださぃひひひひひひひ!!」
秋穂「くふふ…いーよw」

秋穂は一旦手を止めて、考え込んでいます…良からぬことを企んでいる顔です。
彼女は美月のワンピースの裾を持って、意地悪に笑いながらスルスルと上に持ち上げて行きます。

美月「あっ!や…ちょっとぉ!///」
秋穂「いーじゃん!私以外誰も見てないんだからっ♪…そぉーれっ!w」

秋穂は裾を美月の顔までバサッとめくり上げ、驚愕しました。
美月はブラをしていなかったのです。
私が高校時代の経験から、スカートめくりやらパンティ脱がしなどが好きなのは美月も知ってるはず…これは、美月からのメッセージなのだと、都合のいい方向へ解釈したようでワンピースの裾を頭の上で結んで、『茶巾』のような状態にした。
そして、ゆっくり焦らしながらパンティを脱がします。
美月は視界が遮られただけでなく、膨らみかけたおっパイや、毛の生えていないカワイイおマンコがさらけ出されてしまいました、これは恥ずかしいです。

美月「き…きゃあああああああん!///やぁ………み、みないでぇぇ!////」
秋穂「可愛いおまんこにおっぱい!//ふふふ、またまた~見てほしいクセに。」

秋穂は美月のほぼ裸になってしまった体に密着し、彼女の耳元でそっと囁いた。

『どこからこちょこちょしちゃおうかな?』

美月の心拍数が早く強くなっていくのを感じながら秋穂がツツゥ~と脇腹を撫でると、美月はビクンと跳ね上がります。

美月「かっっ………くひゃひゃひゃ……ひ…//そ、そこはぁっはははは!///」
秋穂「ん?ひょっとして、ココかな?この脇腹が良いのかなぁ?w」

秋穂は脇腹を人差し指でツゥッーっとなぞりながら、たまにクニッと肉にえぐらせ、摘まみ、ピアノを演奏するように指を踊らせています…焦らしますね~。

美月「あぅぅっ!///くふふふふふ!!それは無理っ………きひひひひ……あぅっ!//」
秋穂「クスクス…ピクピク飛びはねちゃって、カワイイなぁwふふ、脇腹くすぐっちゃおうかな~!」

そして…脇腹ではなく、脇の下を10本のヌルヌルの指先で激しくくすぐり回しました。

美月「あひゃああああっはっはっはっはっはっはっは!!ひぇぇっへへへへへへへへへへへへへへへ!!」
秋穂「うふふ、脇腹だと思ったでしょ?残念脇の下でした~w」
美月「くひゃあっっっははははははははははははは!!ひゃめてぇぇぇぇっへっへっへっへっへっへ!!////」
秋穂「視界遮られてると、くすぐったさ増すんだよねw…ふふ、バンザイして思いっきりさらけ出された脇もくすぐったいけど、閉じられそうなのに閉じられない脇もヤバイよね?w」
美月「かあっはっはっはっは!!ひぃひひひひひひひひひひひひ!!ヤバイッ!//やばあっはっはっはっはっはぁー!!///」
秋穂「そっか、脇の下ヤバいかー!じゃあここは?」
美月「ヴオオオオオ!!っぎゃああああああっはっはっはっはっはっは!!があああああああっひゃひゃひゃひゃひゃひゃぁー!!!」

美月は突然の脇腹への激しいくすぐったさに、獣のような雄叫びをあげて笑いこけています…やっぱり目隠し紛いのこともされて感度あがっているようです。
秋穂は敏感な反応に嬉しそうにしながらさらに激しく悶え苦しませようと、脇腹を激しくくすぐり責めにします。

秋穂「ヴオーって!wそんなにくすぐったいんだ。じゃあ脇腹だけをこちょこちょしてあげるね。」
美月「やだぁっはっはっはっはっはっはっは!!すどっぷすとっぷぅぅぅふふふふふふふふ!!かぁっひゃひゃひゃひゃぁー!!」
秋穂「やめてあげないよwほれほれ、脇腹ツンツンと、脇腹モミモミどっちがくすぐったい?」
美月「があああああっはっはっはっはっはっはっは!!どっぢぼぉほほほほほほほ!!どっぢぼぐずぐっだいょぉっほっほっほっほぉー!!」
秋穂「じゃあ、右手はツンツンで、左手はモミモミでいこうねwこちょこちょこちょこちょ~」
美月「ひぎぃひひひひひひひひ!!もうむりぃっひひひひひひ!!もうやめでぇっはっはっはっはっはっは!!」
秋穂「ふふ、美月ちゃんのお顔は今どうなってるのかなー?」

左手で脇腹をくすぐりながら、結んでいたワンピースの裾をほどき、美月の顔を確認します。
案の定お嬢様の澄ました顔ではなくなり、顔を真っ赤にしながらぐしゃぐしゃに笑い狂ってました。
秋穂は美月のブサイク顔を接吻するほど顔を近づけながら、脇腹をくすぐっていきます。

秋穂「あららー、お嬢様らしくないね、こんなブッサイクな顔しておっパイ揺らして。可愛く笑えるまで、脇腹こちょこちょの刑だよ?w」
美月「ごへぇっへへへへへへへへへへへへへへ!!ごべんなざいっひひひひ!ごべんなざいっはっはっはっはっは!!」
秋穂「あと5回ごめんなさいしたら、やめてあげてもいいよ?」
美月「いやっはっはっはっは!!ごべんらざいっひひひひひ!!ごべんなだぃっはっはっはっは!!」
秋穂「こちょこちょこちょこちょ~」
美月「かぁっかっかっかっかっか!!ごべんらひゃいっひひひひひひ!ごべんらだいぃぃぃぃ!!!」
秋穂「コチョコチョコチョコチョ~」
美月「ぎゃああああっはっはっはっはっはっは!!!ごべんなざぃぃぃぃっひひひひひひひひひひひひ!!」
秋穂「あ、数えんの忘れてた。あと20回ごめんなさいって言ったらやめてあげるw」
美月「ぞんなぁぁぁぁっはっはっはっはっはっはっは!!ひぇぇっへへへへへへへへへへ!!ぎゃっはっはっはっは!!」

ガチャガチャと拘束具が激しく音をたて、美月は一生懸命腰や体をクネクネ振り回して抵抗し、おっパイをプルプルさせてガクガク痙攣しているのを秋穂がお尻の下で感じ、興奮しているようです。
顔が紅潮していますねw
ワンピースがまくり上げられておマンコやおっパイが丸出しなのに隠すこともできません。
横長の小さなおへそはグニグニと蠢き、シャンプーと汗で妖しく光る体、健康的にくびれた腰をクネクネよじってる屈辱的な様はエロいですがw

美月「ぎゃああっはっはっはっはっはっはっは!!おへぇっへへへへへへへへ!!!ぎひぃっひっひっひ!!ひぃーーーっひひひひひひひひひひひひひひ!!!」

秋穂は調子に乗って、10本の指を美月が特にくすぐったいと感じる10個のツボにえぐりこませ、高速でグニグニと振動させます。

美月「あひゃああああっはっはっはっはっはっはっはっはっはぁーーー!!があああああっかっかっか!!かぁあああーーっはっはっはっはっはっはっはぁー!!ああああーーーっはっはっはっはっはっはっはぁーーーー!!!!!」

美月はいつ終わるかわからない絶望的なくすぐったさに、ついに涙をポロポロ流し始めました。
あわてて秋穂は我に帰り、手を止めます。

秋穂「あーー!!ごめんなさい、やりすぎちゃいました!」
美月「…………はぁ…はぁ…さ、最後の脇腹ツボくすぐりはホントに怖かったぁ…////」
秋穂「そ、そう…じゃあ、これでおしまいです。お疲れ様でした。」
美月「………………ねぇ、パンティ、返してよ。」
秋穂「ふふふ…泣いちゃった罰です。今日は『このまま』帰りなさいw」
美月「ぅぅう…………はいっ…////」
秋穂「今日はどこかに行くの?」
美月「あ…学校に。」
秋穂「へぇ~、私服で学校行ってもいいんだ?てか今日日曜日だよ?」
美月「部活があるんです…まあ遊ぶだけなんですが…」

結局美月はモジモジしながらノーパンノーブラで学校に向かったそうですw
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます!
そう言っていただけると励みになります、これからもよろしくお願いします!
プロフィール

くーねっと

Author:くーねっと
くすぐり小説を取り扱ってます~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5992位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
645位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。