FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BL系…くすぐり魔の男

俺はいつもあの男のくすぐりの餌食になっていた。
何が楽しかったのか、あいつはいつも男の俺をくすぐってきたのだ。
体育の着替えの時俺は服を脱いでいて、たまたま上着が頭で突っかかってしまい、脱げなくなった。
その時も彼は見逃さずにこちょこちょくすぐってきた。

「おらおら、くすぐったいか~?」
「ぎゃああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!くすぐったいくすぐったいっひっひっひ!!」

服が突っかかって前が見えない、目隠しされた状態でのくすぐりはその年頃の俺にとって耐え難い刺激で、俺は必死で足をバタつかせて腰をクネクネさせてくすぐりから逃れようとした。

「お前が弱いのは脇の下か?脇腹?どこも弱いからわかんねーな。」
「ひゃっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!みえないっひひひひ!!前みえないからぁっはっはっはっは!!」
「そうか、良かったなw」

一刻も早く体操着の上を脱いで反抗したい…焦れば焦るほど脱ぐことができず、仕舞いには彼はもがき苦しむ俺の顔に座り込み、脇の下や乳首をくすぐり始めたのた。

「ぎゃーーっはっはっはっはっはっはっは!!!もうゆるじでよぉぉぉぉっほほほほほほほほ!!あひゃひゃひゃひゃひゃ!!!」
「これでもう体操着脱げねぇだろ?おら、もっと笑い苦しめw」
「ぎゃっはっはっはっはっはっは!!おねがいぼうゆるじでぇっへへへへへへへへへへ!!はぁーーっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

直に脇の下や乳首を目隠し状態でコリコリくすぐられ、俺は発狂しそうなほどのくすぐったさに身をよじり、無様に笑かされた。

それだけじゃない。
休み時間は俺を追いかけ回し、疲れきったところを馬乗りになってクラスメートの前で、休み時間が終わるまでこちょこちょくすぐってくるのだ。

「ククク、苦しそうだけどどーした?そんなに苦しい?」
「おがぁぁぁぁっはっはっはっはっはっはっはっは!ぐるじぃぃぃひひひひひひひひひ!!いぎずわぜでよぉっほっほっほっほっほ!!ぶひゃっはっはっはっはっは!!!」
「苦しいか!良かった良かったwおら、まだまだやめないからなww」

走り回って息切れ直後のくすぐりは尋常じゃないほど苦しく、頭は真っ白、俺は涙と汗を大量に浮かべながらただただ笑い狂ってこのくすぐり魔の男が満足するまで踊り続けるしかない。

「お、泣いてんの?なっさけねー!ほら、笑え笑えwこちょこちょこちょこちょ~」
「がああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!うわぁぁぁぁぁっはっはっはっはっはっはっは!!ぐるじぃぃぃ!!ぐるじいよぉっほっほっほ!!!」
「ぐひひひ!死ぬまでくすぐってやるよw」

俺が子供のように足も手も、身体中をバタバタさせてもがき苦しんでも、泣き叫んでも決してこちょこちょをやめることはなかった。
酷いときは体育館倉庫に連れてかれて臭い靴下を口に突っ込まされ、昼休み一杯くすぐられ続けたこともあった。

「ふへへ、ここならもう助け呼べないなwおら、精々泣き叫んで助け呼んでみろよ。」
「うごぉぉぉぉぉぉぉっこっこっこ!!ぶぐぅぅぅぅ~~っくっくっく!!ぐーくくくくくくく!!」

その男は俺を万歳させて両手に座り込むと、シャツの袖に手を突っ込んで直接脇の下をこちょこちょくすぐり回した。
手を下ろすこともできず、ひたすら体をくねらせて足をバッタバッタ跳ね散らかすしかない。

「あっはっは!お前ホントなさけねーよな。ガキみたいに泣きわめきやがって。ごめんなさいって言えば今なら許してやるけど?」
「ぶぐぅぅぅぅっくくくくくくく!!ふぐぅっ!!!??ぐぅ~っくっくっくっくっくぅ!!!」
「謝る気はないんだな。じゃあ死ぬまでくすぐるしかないかw」
「ぶぉぉぉぉぉぉぉぉ!?????ぐぉぉぉっこっこっこっこ!!ごぶぅ~~っくっくっく!!くぅーーーくくくくくくくくくくくくくく!!ぐぅーーー!!!」

本当に病的だった。
彼は何故か俺を限界までくすぐり、泣くまでこちょこちょし続けた。
別に恨まれることをした訳じゃない。
ただ俺が学校で一番こちょこちょに弱いと言うだけで俺を的にして、徹底的にくすぐり続ける。
一番キツかったのは、スイミングスクールでの出来事。

「今日も泣くまでくすぐってやるよw」
「ぎゃーーっはっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!あぎぃぃぃぃひひひひひひひひひひひひ!!」

彼は更衣室で海パン一丁の俺に馬乗りになって、指を素肌を徹底的に這い回らせる。
もう俺は気が狂いそうになりながらも必死で笑いこけ、コイツの欲求を満たし続けた。

「相変わらずこちょこちょ弱いよな~お前。」
「ひぎゃああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やめろぉぉぉぉ!!やめろよぉっほほほほほほほ!!」

この男がやめるわけない。
それがわかっていても自然にやめろと懇願してしまう。
彼は当然やめるわけもなく、俺をひたすら弱らせ、笑わせ、泣かす。

「あっはっはっはっはっはっは!!やべろぉぉぉぉぉ!!あっはっはっは!!やべろっでいっでんだろぉぉぉっはっはっはっはっはっはっはっは!!」
「やめるわけねーじゃんw」

もうどうしたらいいのかわからなかった。
いや、どうしようもなく、ただ俺はこの男が満足するまでギャラリーの前で無様な姿を晒すしかない。

「たずげでぇぇぇっへへへへへへへへへへへへ!!だれがだずげでょぉっほっほっほっほ!!あっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!」

誰一人助けようとはしない。
自分がターゲットになりたくない…触らぬ神に祟りなし、と言うことだ。
男は馬乗り状態から俺を解放する。
終わったのか?そんな期待も束の間、海パン越しにおチンチンをくすぐり始めたのだ。

「はぁぁぁぁぁ!???ひぎぃぃぃぃーーひひひひひひひひ!!やめろよぉっほほほほほほほほ!!」

俺が体をくの字に前屈すると、今度はお尻の穴をほじくるようにお尻をグリグリ強めに刺激する。
今度は海老反りのように体を仰け反らせた。
そうすると、つき出したおチンチンをくすぐる。

「ぎゃああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やべろよぉぉぉぉぉぉ!!ぼうやべろよぉっほっほっほっほ!!うわぁぁぁっはっはっはっはっは!!」

あまりにも恥ずかしい腰の運動をさせられ、もう顔を真っ赤にして泣きながら笑い狂った。
そんな俺を楽しそうに笑いながらくすぐり続けるのだから、堪ったもんじゃない。
これほど恥ずかしいイジメを受けておきながらどんどん俺の股関は膨れ上がり、それはくすぐり魔を悦ばせる。

「くふふ…おら、もっと悦べっ!泣き叫べぇww」
「ぎゃああああっはっはっはっはっはっはっはっはっは!!やべでぐだざいっひひひひひひ!!やべでぐだざいぃぃぃぃっはっはっはっはっはっは!!」

俺はこの後も暫く泣きながら懇願しひたすら無様に、芋虫のようにクネクネさせられ
た。
彼は俺の股関の膨らみのことは何も言わなかったが、逆にそれが恥ずかしかった…秘密を握られたような気がして。
そして、その日から誰もいない場所で、二人きりでくすぐりいじめを受けると必ずパンツを下ろされた。

「ククク、元気だなぁ。ほら、これが嬉しいんだろ?飽きないからずっとやってやるよw」
「いぎゃあああっはっはっはっはっは!!ぼうゆるじでぐだざいぃぃぃっはっはっはっはっは!!ゆるじでぐだざいいいっはっはっはっはっは!!」

彼は俺を押さえつけてくすぐり限界まで弱らせると、パンツを脱がしておチンチンとお尻の穴を交互にくすぐり、無様すぎる格好を楽しんだ。
おチンチンは好き放題プルンプルン揺れてしまうし、反射的に腰をヘコヘコ恥ずかしい動きをしてしまう。

「ぎゃーーーっはっはっはっはっはっはっはっは!!おれがいぼうやべでぇぇぇぇへへへへへへへ!!ぼうゆるじでぐだざいっはっはっはっはっはっはぁーー!!」

彼のくすぐり責めは俺が果てるまで続けられる。
もう俺は、彼から逃れることはできない。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

BL系…高校のヤンキーにいじめられる…味方のいない学校生活

彼の名前は優、これは高校でいじめにあい、くすぐりに興味をもつきっかけになった、体験談の再現ストーリーです。

こちょこちょこちょこちょ
こちょこちょこちょこちょ

優「いぃっひっひっひっひっひっひっひっひっひー!!やめてぇ!!やめてよぉっほほほほほほほほほ!!!」
大介「コンビニパシり、戻ってくんのおせぇんだよ、罰として今日は徹底的にくすぐってやるから。」
優「うひひひひひひひひひひ!!!死ぬっ!!しんじゃうぅふふふふふふふふふふふふふふ!!!」
秀樹「おら、笑ってねーでお前の好きな人誰か言えよw」
優「ぎゃはははははははは!!!言えない!言えないぃっひひひひひひひひ!!」
祐吾「だったら言うまでくすぐり拷問だなw」
大介「おらおら!もっと苦しめよ、ゴミが!」

優君は、3人のヤンキーに、Yシャツの制服姿のまま教室の真ん中で両手両足を束ねて押さえつけられ、Iの字の形でこちょこちょくすぐられています。
彼らは優君の腕の上と足首の上に座り込んで抵抗できないようにして、1人は腰の横にしゃがんで、弱点である首や脇の下、脇腹や足の裏などをまんべんなくこちょこちょしていきます。
この年頃の子は男子も女子もまだ敏感で、抵抗できないままくすぐられるのは鳥肌が立つほどくすぐったいそうですw

優「ぎゃっはっはっはっはっは!!!瑞季さんが好きですぅふふふふふふふふ!!!ひーっひひひひひひひひ!!!」

あらあら、高校生にとって、好きな人を言わされることがどんなに恥ずかしいことか…思わず耳を覆いたくなるほどです。

うそ…瑞季が好きなんだって…やべー報告しなきゃ…クスクス…めっちゃくすぐったそw…なっさけねー男だなー…

野次馬が集まってきました。
彼らはヤンキー3人が怖くて手出しができないのです。

祐吾「ちょっとパンツ脱がしてフルチンにしようぜ、お前らも手伝えよ。」
優「いや…やめて…やめてよぉ!!お願いそれだけは許してぇー!!」

優君はついにズボンとパンツを膝まで下ろされ、まだ未発達な包茎おちんちんがポロンと露になります。
ついでにワイシャツのボタンも脱がし、敏感な素肌が剥き出しになってしまいましたね。可哀想w

キャー!…サイッテー!…えっ、ちっさくね?…なにあれ…被ってる?…キモチワリw…超臭そう…おちんちんフリフリしてるw…恥ずかしくないのかな?…

野次馬たちは好き勝手彼を責め立ててますねw

秀樹「クソちっせぇw包茎じゃねぇかコイツ!」
大介「コイツのチンコ、ムービーとってlineに貼ってやろうぜw」

優君は剥き出しになった脇の下や脇腹をこちょこちょくすぐられて腰をクネクネ、おちんちんをフリフリとさせられています。

優「ぎゃっはっははははははははははははは!!!ひぃぃひひひひひひひひひひひひひひひひ!!!!」
祐吾「おい、さっさと勃起させろよクソが!」

何と男の1人が優君の金玉と蟻の門渡りを優しくこちょこちょし始めたのです。
優君即勃起wカワイイww

秀樹「こいつ勃起しやがったwしかも真性包茎じゃん、キメェw」
大介「おい、真性包茎でごめんなさいって、謝れよ。」
優「ごほぉほほほほほほほほ!!!ごべんなざいぃ!!真性包茎でごべんだざいぃっひひひひひひひひひ!!!」

クスクス…謝られてもね…マジ気持ち悪…めっちゃ恥ずかしいだろあれw…本当にくすぐったいのねぇw…男にくすぐられてるだけでおちんちんビンビンじゃん…うわ、そっち系なの?…最悪…

何だか本当に可哀想ですねww抵抗できないのを良いことに、絶対に見られたくない包茎おちんちんをフリフリさせて、敏感な体をこちょこちょくすぐられちゃって、同級生は助けてもくれず、一緒になってバカにしてるんですから。

祐吾「反省してんなら包茎チンコをもっとフリフリしろよw」
優「いひひひひひひひひひひ!!!わがりばじだぁ!!ひーっひっひっひっひっひっひっひ!!」

クスクス…言われるままにカワイイおちんちんを必死になってフリフリしてます。
屈辱ですねw私だったら自殺したくなりますw

秀樹「やめてほしかったら、おちんちんフリフリ大好きですって言えw」
優「あっははははははははははははははははは!!おぢんぢんフリフリだいずぎでずうぅぅふふふふふふふふ!!!ひぃっひひひひひひひひひひひ!」
秀樹「ホントに言いやがったこのゴミw」
祐吾「お望み通り、徹底的にフリフリさせてやるよ、ありがとうございます、もっとこちょこちょしてくださいって言えw」
優「かぁっかかかかかかかか!!!ありがどうございばずぅふふふふ!!ぼっどぉほほほほほほほほ!こちょこちょじでぐだざぃぃっひっひっひっひ!!!」

さあ、いよいよ白目を剥いて泣き叫び始めました。
当たり前ですよ、脇の下や首、脇腹などの本当に弱い部分をこちょこちょされるだけでなく、おちんちん周りの金玉などをこちょこちょされているのですから、発狂してもおかしくないです。
優君は思春期の小さな自尊心をかなぐり捨て、おちんちんをフリフリしながら残酷な彼らの命令に従い、恥ずかしいことを言わされてしまいます。私なら死にたくなりますね、こんなことさせられたら。
結局優君はこれだけの屈辱を受けながら懇願しているのに、決してやめてもらえませんでしたw
彼は男たち3人が気が済むまで、こちょこちょくすぐり拷問を受け続け、おしっこを漏らしながら失神してしまうのでした。

おまけ

放課後の保健室…教師によるくすぐりお仕置き

保健室の先生「じゃー保健室の鍵は先生に預けますね、優君をよろしくお願いします。」
正夫「はい、任せてください。」

優「………………ん…むぐ?むぐぅっ!?」
正夫「む?気がついたのかね?」

優君は保健室のパイプベッドに大の字に拘束され、猿轡を噛まされていました。

優「むぐぐぐぐ!むぐー!」
正夫「調子の方はどうだ?大丈夫か?」
優「ぶふうぅぅぅぅぅぅ!!ぶひぃぃぃぃぃ!」

正夫先生が、優君の脇の下を人差し指でなぞると、彼はくぐもった叫び声をあげて腰をくねらせています。

正夫「ぐふふ、やっぱりこの年頃の男の子は敏感だなぁw心配しなくても校内にはもう私たちしかいないから、思いっきり泣き叫びなさい。」

正夫先生は手慣れた手つきで優君の脇の下の窪みで指をわしゃわしゃ動かしてこちょこちょくすぐると、優君は狂ったように腰をフリフリしてねじりって逃げようとしますが、拘束具がそれを決して許しませんw

優「ぶーっくっくっくっくっく!!ぐぅーくくくくくくくくくく!!」
正夫「どーだ?くすぐったいだろ?本当に脇の下が弱いんだなw仕方ないから脇の下を徹底的にいじめてやるっ。ぐふふふふ。」
優「ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ!!ぶぶぅーーーーー!!」

正夫先生は下品なオヤジのような笑い方をしてながら楽しそうに優君の脇の下をくすぐりまくりました。
優君はとめどなくヨダレを流しながら涙を浮かべて懇願しようとしますが、しゃべることが出来ません。
正夫先生にその無様な姿が伝わると、さらに加虐心を煽る結果になってしまいました。

正夫「ぶへへ、何が言いたいのか知らんが、ちゃんとしゃべらなきゃ伝わらんぞ?w」
優「ぶひゅひゅひゅ!ぶぐぐぐぐぐぐぐぐぐぐ!!ぐぅー!」
正夫「何?死ぬほど脇の下をこちょこちょしてくれ?そうか、そんなに好きか…いいぞ、徹底的にやってやる。ぐふふ。」

わざと勘違いして自らの行いを正当化しています。
正夫さんは徐に優君のズボンに手をかけ、なんと下ろしてしまいました。

正夫「君がズボンを下ろしてくれと言ったもんだから、つい下ろしてしまったぞwやっぱりビンビンに勃起してるじゃないか、真性包茎だがな。」
優「んんぅぅぅぅぅーー!!!ふぅぅぅぅん!!ぶぅーーーー!!!」
正夫「何だ?触ってほしいのか?仕方ない。」

正夫は優君の金玉や恥骨、お尻から蟻の門渡りなど、恥ずかしい部分をしつこくくすぐり回します。
優君、ビンビンに勃起したおちんちんをフリフリさせて喜んでますねぇw

優「ふぅぶぶぶぶぶぶぶぶ!!!ぶぅーーーー!!!ぶっくくくくくくくく!!くっくっくっくっくっくぅー!!!」
正夫「そうかそうか、嬉しいか。では、もっとくすぐったくしてやる。」
優「ぐぶぶぶぅぅぅぅぅぅーーぶー!!!ぅううううううううう!!」

あー…高校生には刺激が強すぎたんですね…勢いよくイッてしまいました。
正夫先生は起こったフリをして、優君のおなかの上に馬乗りになりました。

正夫「なるほど、君は本当に悪い子だ。仕方ないが、君を脇の下くすぐり死刑にかける。」

こちょこちょこちょこちょ…
こちょこちょこちょこちょ…

優「ぶほぉっほほほほほほほほほほほほほほほほほー!!くくくくくくくく!くぅーっくくくくくくくくくくくくく!!!」
正夫「なにぃ!?もっとくすぐってくださいだと!?生意気なぁ!w」
優「うぶぅーーーーっぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ!!!くぶぶぶぶぶ!ぶうっくくくくくくくくくくくくくく!!」

優君はあまりのくすぐったさにビクンビクンと体を痙攣させて悶え苦しんでいますw
馬乗りになってますから腰をフリフリして気を紛らすことも出来ません。
出来ることと言えば、頑張っておちんちんを振り子のようにプルプル揺らすだけでした。

優「ふぅっくっくっくっくっく!ぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶぶ!!うぶぅーーー!!」
正夫「なにぃ!?全然効かないだと?仕方ない、全力でくすぐるしかないなぁw」
優「ぐぅっくくくくくくくくくくくく!??!!くーっくくくくくくくく!!ぶぅぶぶぶぶぶぶぶぶ!!」

既に限界を迎えていた優君をさらに追い込むように、脇の下へのくすぐりを加速させます。
肉をつまんでプルプル振動させ、人差し指でくるくる円を描いてはコリコリと高速で引っ掻き回し、わしゃわしゃ虫が這い回るようにくすぐる。

優「おぐぅぶぶぶぶぶぶぶぶ!!ふぐっくっくっくくくくくくくくくくくくく!!」

よっぽどくすぐったいんですね、優君は必死で抵抗しようと手足をねじり、腰を上下にへこへことピストン運動していますw
一緒になっておちんちんもプルンプルンと揺れてるのが本当に見ていて恥ずかしい、私が手で覆い隠してあげたいほどに無様で滑稽でしたw

優「ふぅっくくくくくくくくくくくくー!!、ぶぅくくくくくく!くくくく!くっくっく!くぅーっくくくくくくく!!ぶおおおおおおおおおおおおお!!…………」

クスクス…彼はついに、ビンビンに勃起したおちんちんから2度目のお漏らしを撒き散らして失神してしまいました。
最後の顔、可愛かったなぁ。
白目を剥いてヨダレをとめどなく垂れ流しながら、涙と鼻水を撒き散らして狂ったように泣き叫ぶ無様な優君を、正夫はあれだけ追い込んでおきながら悪びれもせずに下品に笑っています。

正夫「ぐふふ、いい顔してたじゃないか…今度はもっと激しくくすぐってやるから、覚悟しておくんだなw」

テーマ : フェチ
ジャンル : アダルト

プロフィール

くーねっと

Author:くーねっと
くすぐり小説を取り扱ってます~!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
5119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フェチ
552位
アクセスランキングを見る>>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
RSSリンクの表示
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
FC2投票
無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。